戦車プラモは「影を塗れば大丈夫!」/アフリカと俺 2021 「タミヤ ドイツIV号戦車G型初期生産車

▲この状態になればあとは楽しい楽しい塗装タイムが続きますよ!

 この夏絶対に熱くなれるタミヤミリタリーミニチュアシリーズの最新作「ドイツ軍 IV号戦車G型 初期生産車」をフミテシが勝手気ままに楽しんでいく短期連載。今日から塗装に入っていきますよ!! 以下の記事も一緒に読んでね。

▲タミヤの塗料で塗っていくぞ! サーフェイサー以外はタミヤアクリルで行きます

 戦車模型を塗ったことがない人からよく聞かれるのが「これ全部組んでから塗ってるんですか? 本当に塗れるんですか?」ってこと。確かにSNSで流れている戦車模型の塗装中の写真はほとんど組んだ状態でのものばかり。パーツをたくさん持ち手(塗装時に固定するクリップや棒を模型では持ち手と呼びます)につけて色ごとに分けて塗るプラモとは対極です。ガンプラやキャラクターモデルですね。

▲多くの戦車模型は、車体と砲塔に別れるくらい。塗る時分解するのは主にこれと車外に後乗せする荷物関係くらいなもんです

 これらを塗装できる人は普通にスケールモデルも塗装できると思うので、ぜひ戦車模型塗ってみてください。楽しいですよ。で、よく聞かれるのが特にこんな場所。

▲足回りとか組んだら塗りづらくないですか?
▲奥まった部分とかは?

 こういう部分、聞かれるまで全く気にしていませんでしたが、均一に全部綺麗にベタ塗りしなくてはいけないと思ってしまうと途端に作業が止まりそうですね。僕も戦車模型初めての時は「本当に全部組んで良いのかな〜?」ってドキドキでした。でも一緒に作ってくれた先輩が「え?見えない場所なんて見ないんだから黒でも塗っておけばいいんだよ。影や下地になるんだしね。あと下地塗装で茶色もいいよ」。

 これで解決です。

 戦車模型塗装が悩まずできるようになる魔法を、僕は先輩にかけてもらいました。そう、「影を塗ること」です。影色の他に下地色も変えると雰囲気が出ると教わりました。本当にこれを知るだけで一気に戦車を塗装することができるようになったんです。そして今の僕はこのようにやっています。フミテシ流をどうぞ。

▲まずは影色の前に、タミヤの缶サフ「ファインサーフェイサーL オキサイドレッド」を塗ります

 タミヤの缶スプレーのサーフェイサーはラッカー塗料。強固なプライマー効果を発揮します。塗膜は滑らかで、金属パーツの塗装も可能としてくれる効果(メタルプライマーと同等)があるので愛用しています。これを吹く時だけは庭に出ています。

▲影色はタミヤアクリルのラバーブラックを使用。転輪のゴムもこれで塗れて一石二鳥!

 順番はオキサイドレッド→ラバーブラックです。オキサイドレッドは、実際の戦車でも錆止め塗料として使用されている色なので下地にぴったり。ラバーブラックを使用する理由は、足回りのゴム部分を影と一緒に先に塗ってしまおうということでよく使っています。

▲全体を満遍なくオキサイドレッドで塗ったら〜
▲ラバーブラックで足回りを塗り潰すくらいの感じでしっかりと塗ります。車体でも奥まった部分などにラバーブラックを塗り「影」とします。これで車体のメインカラーを塗ったときにもプラの色が露出せず「影」となっており自然に見えるのです

影色をオキサイドレッドよりも暗い色で塗っているので、このまま基本色を塗れば自然と明暗が出るグラデーションになります。さらに奥まった部分などはしっかりとラバーブラックで塗られているので、基本色が奥まった部分に塗りきれていなくても「影」となり、グラデーション効果を発揮します。このような効果を発揮できるからこそ「戦車は組んでからでもガンガン塗装ができる」のです。陰影を生み出しながら、塗装のナーバスさも軽減する。先人が産んだ偉大な方法です。これで戦車模型はガンガン塗装することができると思います。影を塗る。ぜひやってみてください。それでは、次は砂漠色でお会いしましょう〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。