戦車プラモも身だしなみも小物が大事!/アフリカと俺 2021 「タミヤ ドイツIV号戦車G型初期生産車」

▲ほとんどが北アフリカのIV号戦車G型の専用装備とも言える造形のアクセサリー。土嚢なんてシンデレラフィットしちゃうんだから!

タミヤの戦車模型1/35スケールミリタリーミニチュアの新作「ドイツIV号戦車G型初期生産車」をフミテシメソッドで完成させる連載。車両のフィルタリングも終わり、終盤戦に突入です。今回は本キットの魅力の要素である「アクセサリー」の仕上げに行きます。このアクセサリー、使い方によっては汎用にもなるのですが、もうこの車両専用と言っても良い造形になっており、バチピタです。しかも土嚢なんてタミヤのスタッフが実際に土を詰めて作った土嚢を元に開発されており、タミヤの意地とプライドが結集したアクセサリーになっています。感謝感謝。まじでかっこいいです。

▲シンデレラフィットするアクセサリーなので、何の迷いもなく塗装後に接着できます。最高です

俺はアクセサリーの多くは筆で塗ります。その理由は「楽しいから」。塗装方法を選ぶのにそんな簡単な理由だけでいいんじゃないかな〜と思う昨今です。下地のみタミヤの缶サフをよく吹きます。タミヤサーフェイサーは滑らかだし、この上から塗るとタミヤアクリルの食いつきもさらに良くなります、

▲これが「マークIVスペシャル」だぜ!! 楽しい〜〜〜。エアブラシで塗った車体と、筆塗りしたアクセサリー。質感も異なって、俺は好きな雰囲気になっています
▲布ものはよくカーキが指定されることが多いです。本キットは布がまとまっているので、このようにランナーを持ち手にすると塗りやすいですよ

戦車模型の塗装で頻繁に登場する色「カーキ」。衣服や布など地味なものによく使われます。以前暗色系の下地で塗っていたのですが、陰影が強すぎてちょっと古着感がすごいものになりました。そこで今はピンクサフを使っています。白下地よりも鮮やかになることはなく、カーキにも少し赤みが入ります。俺はちょっと赤が入っているカーキのパンツとかが好きなんで、自然とプラモにもその色を求めたのでしょう。

▲俺のカーキ番長はタミヤアクリルのカーキです。これを筆塗りします
▲3D造形ならではのシワを殺さないように筆塗りするのには、薄い塗料で先にシワを部分を手懐けて、乾いてからもう一度しっかり塗るといい感じになります。写真は1回目のシワに薄い塗料を流そうと塗ったもの。アップにすると全然やれてないですね!! 切腹!!!
▲しっかりと塗り終わったら、布にめっちゃナイスな陰影を与えてくれる魔法の塗料を使いましょう。シタデルカラー シェイドカラーのアグラックスアースシェイドです。これを塗ればもう安心です
▲なんかこの段階で歴戦の土嚢! かっこいい。塗料だまりができないようにしっかりと伸ばします
▲シェイドが乾いたら、カーキに白を混ぜたものでドライブラシしてあげると、さらに土嚢が良い顔になりますよ

戦車模型のアクセサリーの代表的なもの。「木」の登場です。木はnippperの記事でもご紹介した通り、マッハで木になるウェザリングカラーのグランドブラウン仕上げでいきます。楽しすぎて、全部のアクセサリーが木であって欲しいと思うことがあります。グランブラウン仕上げは、白で塗ったものの上にグランドブラウンを塗るだけです。

▲木箱に水性ホワイトサーフェイサーを塗って、グランドブラウンを上から塗るだけです
▲いや〜〜〜! ほら「木」です。木が誕生しました
▲予備履帯は車両のものと同じ塗り方です。オキサイドレッドのサーフェイサーを塗ってから、タミヤアクリルのダークアインアンを筆塗りです
▲モールドが入り組んでいますので、数回に分けてしっかりと塗っていきましょう

あとは完全に乾いたら、各所に接着していくだけ! もうこれがあまりにシンデレラフィットするので、ストレスも本当にないです。

▲IV号戦車G型 初期生産車専用土嚢(L)。予備履帯にぐ〜〜って押し付けられた感じになっていて、履帯のディテールにピタ〜って合わさります
▲アクセサリーのフィット感がすごすぎて、まじみんな仲良しこよしです

こんなにかっこよく造形された専用アクセサリーとも言えるものがキットに入っているもの本キットの魅力です。載せた状態は思わず唸るほどかっこいいので、ぜひ全部塗装して載せてみてください。達成感も半端ないですよ〜! さぁ、ここからウェザリングの総決算に参りますよ! 次回もお楽しみに。

▲いよいよ、俺たちの出番だ! あ、まだで〜す。楽屋に戻ってくださ〜い。
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。