プラモの砂埃塗装の革命児「ホワイトダスト」!!/アフリカと俺 2021 「タミヤ ドイツIV号戦車G型初期生産車」

▲GSIクレオスの汚し塗装専用塗料「ウェザリングカラー」で戦車を汚していきます。歴戦のかっこよさは汚しにあり! 今回は「砂埃」を纏わせます

タミヤの戦車模型1/35スケールミリタリーミニチュアの新作「ドイツIV号戦車G型初期生産車」をフミテシメソッドで完成させる連載。戦車にさまざまな装備を搭載しましたので、車両と一緒に砂埃や汚れを纏わせていきます。今回は砂漠の砂埃を楽しく施すことができる最高の塗料「Mr.ウェザリングカラー ホワイトダスト」を使用します。この1本だけで、本当に戦車が歴戦な砂埃を纏えるのか見ていってちょうだいな〜。

▲白っぽい砂汚れを施すことができるホワイトダスト。これで砂漠の砂埃はバッチリです
▲今回はこの塗料を攪拌しないで、ウェザリングカラーの下に溜まった濃い塗料を使用します

ホワイトダストを全体にビヤ〜って塗ると真っ白になるだけです。ここではウェザリングカラーの下に溜まった塗料を取り出して、埃が溜まりそうな部分にちょんちょん置いていきます。置いた塗料を伸ばすことで埃汚れにも濃淡がつき、全体が真っ白になりません。よく攪拌した塗料は流動性がすごく良くなっていろんなところに伸びていってしまうので、下に溜まった濃い塗料を使用して汚れを調整していきます。

▲タミヤの調色スティックのスプーンみたいな方でよくかき取っています
▲前面装甲とかは砂めっちゃかぶりそうですね。あとは埃が溜まりそうなディテールの隅とかにホワイトダストを塗っていきます
▲やっちまった感がハンパないでしょ。でもこんな感じホワイトダストを塗って、15分くらい放置して塗料を乾燥させます
▲塗料の緩さがなくなったな〜っと感じたら、Mr.ウェザリングカラー専用うすめ液を平筆に含ませて、「上から下」へと埃を払うようにホワイトダストの塗料を伸ばしていきます

ホワイトダストを上から下に伸ばす他に、筋彫りやディテールの隅に入っていくよう伸ばしてあげましょう。そうすると角にたまった埃(お部屋とかも角にたまりますよね)のような雰囲気になってかっこいいです。

▲各装甲の傾斜を見て「上から下」へと埃が流れる方向に筆を動かすといい感じになります
▲本体と同様、足回りにもホワイトダストを塗っておきます。足回りはさらに特濃ウェザリングをするのですが、この砂埃が特濃ウェザリングの下味になりますので、忘れずやっておきます

筆だけでさまざまな表現ができるので、ついつい筆だけに頼ってウェザリングを進行してしまいがちなのですが、ここで工具を変えます。使用するのはガイアノーツの「フィニッシュマスター」です。これは傾斜の少ないフラットな面のウェザリング(汚し塗装のこと)にはちゃめちゃに効果を発揮します。

▲スミ入れの拭き取りやデカール貼りなど仕上げ工程作業にとっても力を発揮するフィニッシュマスターは、ウェザリングでも頼もしい存在です
▲テーブルなどに水をこぼすと面に沿ってびや〜っと水が広がると思います。そんな感じで汚れが中央から広がって隅の方にジワジワしている雰囲気を出すのが俺は好きです。これは面の中央をフィニッシュマスターで叩くようにしてウェザリングカラーを拭き取ります
▲ぽんぽんスタンプするようにして拭き取ることで、各面中央の明るい部分にもランダムな表情になってくれます

平面の汚れは筆で叩いたりしても良いのですが、筆跡が残ったりしてなんだか実感に欠けることがあります。フィニッシュマスターを使うことで非常に手早く平面の汚し塗装が完了しますので、ぜひ導入してみてください。

▲バーン! ホワイトダスト1本でいきなり雰囲気爆上がり。ホワイトダストは白っぽくなりすぎることがないのも特徴で、しっかりとベース色の色味が保たれます

ホワイトダスト1本でもIV号戦車にかっこいい砂埃を纏わせることができました! 次回はIV号戦車G型の車両塗装完結編です。粉物やテクスチャーペイント、さらには締めの1手をお届けします。またね〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。