彼が退所するっていうから、DASHでハーレーを作った

 長瀬智也がジャニーズ事務所を退社するっていうので、時が来た!という感じでアメリカM.P.セットを買ってきました。というのも、このキットの中身のバイクはハーレーで、長瀬智也自身もハーレーに乗っている、という理由です。

 このキットは結構古いようで、初版は1970年代のもの。他にも同シリーズではいくつかバイクがラインナップされていますが、この頃のタミヤはもしかすると現在の海外キットで見られる「細かなパーツ分割でバイクをリアルに再現する」ということを試みていたのかもしれません。

 あるいは、金型などの成型技術の制約でしょうか。細かなパーツが多く、精密感を味わうにはぴったりなキットになっています。反対にドイツ軍野戦伝令セットのバイクなんかは結構楽に組み立てられるのでこれはこれで、パーツ分割でタミヤマジックを味わうことができますが、いずれにしても目指す何かがあっての設計ということは作っていると良くわかります。

 出来上がると、結構でかいです。作っている途中でもでかいなって思います。ボリュームがあるっていうんですかね。小さいものを作っているのに大きさを感じるというのが面白くて、それがいかにもアメリカという感じで長瀬くんが憧れ、所有し、乗るバイクのボリューム感というのが手に取るようにわかります。

 1/35サイズのバイクは飾るにも手頃なサイズでなんかいい感じの雰囲気があるので私は好きです。特に、タミヤのものは人が二人ついていたりして互いの織りなすドラマが良いですね。ライダーと、それを止める人っていう感じで。

 彼らはミリタリーモデルという大枠では脇役ですが、それゆえ部屋のありとあらゆるところに馴染みます。テレビの前、玄関、本棚の前、好きなところに置いてみると、その主張しせずともそこにいる存在感の程よさが特徴です。日常に小さなドラマを忍ばせる遊びにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

クリスチ
クリスチ

1987年生まれ。デザインやったり広報やったり、店長やったりして、今は普通のサラリーマン。革靴や時計など、細かく手の込んだモノが好き。部屋に模型がなんとなく飾ってある生活を日々楽しんでいます。
Re:11colorsというブログもやっています。