花金だ!仕事帰りに買うプラモ。プラモ初めの最高条件を秘めた「タミヤ 1/35スケール ミリタリーミニチュア ドイツ自走榴弾砲 ヴェスペ“イタリア戦線”」

▲俺たちとプラモ初め!! そして花金の向こう側へぶっ放そうぜ!!

 週末のプラモ生活が楽しくなっちゃう模型を、フミテシの独断と偏見でご紹介する「花金プラモ」。さぁ、2023年の花金も開幕であります!! 今年も毎週金曜日、オイラの独断と偏見にお付き合いくださいませ。新年1発目は「タミヤ 1/35スケール ミリタリーミニチュア ドイツ自走榴弾砲 ヴェスペ“イタリア戦線”」です。こちらのキットは戦車模型のプラモ初めにはベストとも言えるスーパーキット!!

 「コンパクト、目も喜ぶ凝縮されたディテール&メカ、アニキ」という戦車模型界の“一鷹二富士三茄子”な初夢セットでございます。さぁ、新年1発はこのキットでいい夢見ろよ!! あばよ!!!

▲激セマなワンルームに詰め込まれたアニキたち!! この密集度がプラモになるとめっちゃかっこいいんですよ

 このタミヤのヴェスペは1996年にNo.200という記念すべきアイテムとして発売された模型です。そのキットをベースに、新規パーツをモリモリでパワーアップしてイタリア戦線に行っちゃったのが、今回ご紹介する「No.358 ドイツ自走榴弾砲 ヴェスペ“イタリア戦線”」なのです。

▲ランナーの中には両方のキットの年号が刻まれているものもあります。バトンタッチを見ているようですね〜

 ヴェスペという車両は、ドイツ軍のII号戦車をベースに開発された自走砲なのでとってもコンパクト。1/35スケールでも手のひらに乗ってしまうくらいなので、完成後も机の上にちょこんとおけます。ヴェスペのかっこいいところが、小さな車体にもかかわらず迫力ある「10.5cm榴弾砲」を搭載していること。このギャップが、組み上がった時に痺れるんですね〜〜。

▲プラ製の履帯や、フィギュア、アクセサリーパーツなどが新規で追加されています
▲ランナーの中で既に棒を持っている!! 過去の傑作キットに、最新フォーマットで生み出されたアニキたちをフィットさせることで、WIN-WIN!!!
▲兵隊さんに持たせたり、車内や車外に置いて遊べるアクセサリーも豊富

 10.5cm榴弾砲はディテール、可動ギミック共に最高です。27年前のプラモですが、めちゃくちゃ輝きを放ってますね。

▲リベットの美しさ、エッジのシャープさなど一級品っす。そして可動もします
▲このキットではベルト履帯から、プラ製の部分分割履帯になりよりシャープな造形になりました。上下の履帯がほぼ1枚で成型されているので、組み立て時間もそれほどかかりません
▲このキットの凝縮したディテールを味わえるのは、戦闘室の壁です。なんかたくさんパーツをつけるぞ〜ってメッセージがすでに彫られていますね
▲お部屋のインテリアにも参考にしたい、機能と美しさを兼ね備えた壁面収納
▲車体にセットすると、10.5cm榴弾砲のディテールとマリアージュ。まるでおせちだね

 これだけ戦闘室がみっちみちのディテールになっているのに、そこにまだこのキットは盛ります。そう、アニキたちです。現在のタミヤのスタンダードになっている、実際の人や物を3Dスキャンしたデータを活用して生み出されたアニキたちが4人も押し寄せてきます。戦闘室だけでディテールが大渋滞!!!

▲素晴らしい……。濃密な世界があなたの机の上に爆誕です

 コンパクトな中に凝縮されたディテール、迫力とイカしたメカがごちゃごちゃしている10.5cm榴弾砲、かっこいいアニキ。このヤバさをひと箱で味わえる戦車模型。まさに新年1発目の花金プラモに相応しい、最高のキットです。ぜひ「タミヤ ミリタリーミニチュア ドイツ自走榴弾砲 ヴェスペ“イタリア戦線”」で戦車模型の楽しさを体感してください!! それでは、今年もよろしくお願いします!!

▲手前がヴェスペのベース車両となっているII号戦車(タミヤ製)。ぜひ2つ並べてその違いを味わってみてね
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。