シタデルカラー「新コントラスト」全部開けます!!/インディゴブルーにプラモが変身!!「ストームフィーンド」

▲絶妙なインディゴブルーって感じ! シタデルカラーコントラストは本当に面白いよ

 無臭で、水と筆があれば塗装が楽しめる水性塗料「シタデルカラー」。その中には、塗装が苦手な人でも色を塗る楽しみをすぐに体感できる、「コントラスト」という素敵な塗料があります。このコントラストに、2022年に追加された「27色」を、フミテシが1本ずつレビューしていく連載です。
 今回はコントラストの中でも染まり具合などがバラバラでひと癖ある青系塗料から「ストームフィーンド」をピックアップ!!! 青は発光表現や氷結表現などができる色のため、下地の透け具合が用途ごとにかなり限定的に調整されています。ですので、染めて見ないとマジでどうなるか分からないというワクワク感が他のカラーより強いです。

▲『ウォーハンマー』の世界にいる、ネズミのような戦士と機械を融合した怪物「ストームフィーンド」が身に着けているアーマーの色がこれ!! キャラの名前がそのまま色になっています

 コントラストは塗料が分離していることがあります。青系は色の濃淡が容器の中でくっきり出ているので、これらが馴染むようにしっかり混ぜます。完全に色が揃っていなくても1分くらい振ってあげればよいと思います。

▲容器の底とかもしっかりとチェック。蓋をしてガンガン振りましょう
▲インディゴブルーのような色味。とってもかっこいい青です。様々な模型に似合いそうです

 「コントラスト」は、白い下地を塗った上から塗ることで、模型の凹凸に沿って自然に塗料が流れていき、グラデーションのように染め上がります。バシャバシャと染めるだけなので、塗装が苦手な人でも筆とコントラストがあれば、楽しく塗装デビューできます。先ほど書いた通り、色ごとに染まる力が異なるのも特徴です。

 ストームフィーンドの染まり具合はうっすらと下地の白が透ける位。染まる力はやや強めです。ですのでひと塗りで陰影がしっかりと出ます。衣服などを塗る時にめちゃくちゃ塗りやすい濃度に調整されている感じです。

▲ひと塗りでいい感じの濃淡がでます。キレイ目なデニムのようです
▲乾燥するとこんな感じ。奥まった所は暗く、出っ張った所は薄く染まるので明るくなります。ひと塗りでこの濃淡を表現できますよ

 青系のコントラストの中では癖がほとんどなく、超使いやすいです。色味も良く様々な模型の青として使えると思います。コントラストの青系の中では1本持っているとすんごく汎用性がある「ストームフィーンド」。ぜひ使ってくださいね!!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。