タミヤが教えてくれる改造例にチャレンジ!!戦車模型の世界を広げてくれる公式遊び。

▲タミヤ公式のファイナルフュージョン……
▲承認!!!!!

 他のキットのパーツと組み合わせて改造する。プラモデルの醍醐味で、より自分だけのプラモになった感じがする最高に楽しい行為です。ガンプラやロボットプラモだと花満開状態で、毎日かっこいい改造プラモを見ることができます。戦車模型にも。装甲を増やしたり、でっかい砲に換装したりと組み合わせや改造の楽しみ方があります。
 そしてこのような改造の楽しみの初歩を、タミヤはプラモを通して教えてくれたりします。組み合わせやパーツを換装できるものを説明書に明記して、公式な楽しみ方として提示してくれているのです。これを実際にやってみると、戦車模型の楽しみ方がさらに広がります。ドイツ軍 ハノマーク兵員輸送車を例にやっていきましょう!!

▲こちらタミヤ ミリタリーミニチュアのドイツ軍 ハノマーク兵員輸送車。この車両は第二次世界大戦中に様々なバリエーションが生まれました

 以前、花金プラモで紹介したタミヤの「1/35 ドイツ軍 ハノマーク兵員輸送車」。こちらは後に発売された対戦車砲のプラモを装着したり、牽引したりして遊ぶことができるようになっています。

▲「ドイツ 37mm対戦車砲」のプラモの箱の裏には装着した図が!! 中の説明書にもハノマークに装備する時の組み立て方と使用するパーツが掲載されています
▲37mm対戦車砲のキットについては、こちらからどうぞ!!
▲やった!! 小さい機銃から対戦車砲にパワーアップだぜ!!(しかし37mm砲ではT-34を相手にするのは厳しい……でもかっこいいからロマンを装備するのよ)
▲なんかちょっとかわいらしいものが刺さってますけど、こんな装備もできるんですか?

 敵戦車の装甲が強化されると37mm砲の通常の砲弾では太刀打ちできなくなります。そこで生まれたのが写真の成形炸薬弾。敵戦車に命中すると砲弾の中の火薬で装甲を溶かして穴をあけ、車内を炎上させるように設計されています。この新型弾薬の使用によって、37mm砲は再び活躍することになります。

▲こちらは強力な75mm対戦車砲。アメリカ、イギリス、ソ連など様々な戦車を倒せる実力を持っています。これをハノマークで牽引できます。この装備は心強い!!

 75mm対戦車砲は、大戦中盤からのドイツ軍の対戦車自走砲にも搭載され活躍します。この大砲も実際にハノマークで牽引されていた事例があり、タミヤのプラモの組み合わせ例として紹介されています。でっかくてかっこいい大砲を装備できるなんてめっちゃうれしいじゃないですか!!

▲75mm対戦車砲のプラモに関してはこちらの記事をどうぞ!!

 

▲こちらもタミヤMMのレジェンドプラモ。1975年生まれ。これを先ほどのハノマークに合体させましょう!!
▲これぞフルアーマーハノマーク!! ユニコーンガンダムの気分で行こうぜ!

 ハノマークのような例は他のプラモでも紹介されており、これをひとつひとつ真似してみると、「俺改造しちゃってるぜ!」という新たな満足感が生まれると思います。真似することで、車両や大砲、兵隊のプラモのそれぞれが線で結ばれ、今まで作ることができなかった景色のアイディアも浮かびます。タミヤが教えてくれる組み合わせを試すことで、確実に戦車模型の世界が楽しくなります!!タミヤの戦車模型を作っていてそのような例に出会ったら絶対に試してくださいね!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。