日本の夏!「水性塗料筆塗り」の夏!/黄色の帯は「タミヤアクリル フラットイエロー」にお任せあれ!

▲デカールに主翼の黄色い識別帯が入っていない! 助けて〜

 低臭で扱いやすく、熱い夏に涼しいお部屋でも楽しめる「水性塗料の筆塗り」を楽しもうという本連載。今回は塗装において多くの人の心をざわつかせる色「黄色」を攻略します。ラッカー塗料ではGSIクレオスの「キアライエロー」をからぱたがオススメしてくれました。水性塗料で僕が推したいのは「どこでも売っていて、お値段も安い」タミヤアクリルのフラットイエローです! やってくれますよ!

▲ふふふ。超定番の力を味わってもらいましょう!

▲や〜〜〜! 濃い色のランナーに試し塗りだ!
▲濃い茶色のランナーにも1回でこれだけ乗ります。完全に完走すると艶消しでフラットになり、さらに見映えが良くなります

 タミヤアクリルのつや消しナンバーである「XFカラー」は、どの塗料も隠蔽力が強いです。そしてつや消し効果も強力でがさつくくらい乾燥後は超フラットになります。このつや消し感をコントロールするのに今までクリヤーを入れていたのですが、クリヤーを入れることで薄まり、隠蔽力も落ちています。

 今回は手数を少なく、細部の塗り分けであるピンポイント作業なので、発色をと食いつきを優先しクリヤーを入れずに、生アクリルパワー全開で塗ります!

▲帯を塗る時、僕はまず始点と〜
▲終点に線を引いて〜

▲繋げるように塗っています
▲黄色の識別帯が入りました! 一気に日本機らしくなってきましたね〜

 隠蔽力の強さ&塗料の伸びも良いので2度塗りでいい感じになります。最後に、識別帯の塗装で何度も失敗し覚えたことをお話しします。「識別帯塗装は最後のリタッチまでガマン!」です。下の写真を見ると、まぁ〜ビヨビヨです。

▲太さも均一じゃないし、エッジも立ってなくて、なんか気になる〜〜〜色も鮮やかすぎないか?

 日本機の中で日の丸の赤と共に番鮮やかな色なので、塗っている途中もバシバシ僕らの心を識別帯は刺激してきます。その刺激に耐えてください。ここでいじりすぎると識別帯だけ分厚い塗膜になったり、果てはいじりすぎて汚くなったりします。各色が大体塗り終わり、最後のリタッチで全体を見ながらはみ出しなどを調整することできちんとうまくいきます。筆塗りは「木」ではなく「森」を見る感覚で。2度塗りくらいにとどめて、最後にトドメの一発を決めてカッコよくしていきましょう! さて、そろそろ天空×字拳のお時間ですね。またお会いしましょう〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。