KATO「はじめての、深雪」の親切なおもてなしで雪原ジオラマデビュー!

▲メリークリスマス。

 フワフワの美しい雪。それが誰にでも簡単に表現できる超便利情景マテリアルをご紹介です。ぜひ2020年の冬に出会って、これからも長い付き合いをして欲しいマテリアルです。それは鉄道模型界のBIG・KATOが発売する「はじめての、深雪 スターターセット」です。このセットをゲットするだけで、あとはなすがまま。マテリアルに導かれるだけです。

KATO はじめての、深雪スターターセット 税込み1,650円

▲スターターセットにはパウダー状の「深雪」、散布用ボトル、専用糊をセット。中央の女性が描かれているボトルは単品で発売している深雪糊、その左にある細長いボトルがセットに入っている深雪糊。中身は同じです。このセット大好きすぎて使い込んでまして、私のは歴戦の風貌になっております
▲過去にライター・ハイパーアジアはこの商品の「草はら」を紹介しています。こちらも一緒に読んでみてください

 この商品、簡単に言いますと、糊を塗った上から深雪の粉を散布するだけという超シンプルなもの。それだけで雪になるの〜?って思うじゃないですか。なるんですよ〜。

▲キラッとひかるラメも混入されたパウダーを専用のボトルに移します。このボトルがフワフワを生み出します
▲ボトルに深雪を入れたらめっちゃふります。ふることで静電気が発生し、中の雪が散布された時フワッと立ち上がるんです
▲雪を盛りたい部分に、手早く深雪のりを塗っていきます
▲仕上げに静電気を帯びた深雪をボトルからふりかけるだけ。ボトルの口は「ご飯のふりかけ容器」のように小さな穴が数カ所開いたものなので、ランダムに深雪を散らすことができます
▲雪の地面が完成!アップで見るとフワフワな雪なのがよくわかると思います。ふりかけるだけでこの雰囲気を味わえるんです

 情景というとなんか難しそうと思われるかもしれません。でも今は今回の「雪」のようにテーマごとに便利なマテリアルがすごく豊富に用意されています。雪の他にも草をふりかけるだけで草原になるものも同じフォーマット商品として展開されています。自分の作った模型を雪や草、砂漠の地面に置いてみたいな〜と思ったら、ぜひお店やネットショップの情景マテリアルのコーナーを覗いてみてください。あなたの不安を取っ払ってくれるマテリアルが多数あると思います。この年末年始、あなたの視野を広げてみてください。もっと模型が楽しくなるるはずです!

KATO はじめての、深雪スターターセット 税込み1,650円

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。