「黒は七難隠す!?」戦車模型のすみっコぐらしを先に塗っちゃおう!!

▲こういう足回りの奥まった場所や〜
▲インテリアのすみっコぐらし!このような場所は、塗料が塗り難いところ〜

 令和のタミヤミリタリーミニチュアシリーズのクオリティーを久々に吸収し、戦車模型熱が昂まっているフミテシです。キットの紹介用にマーダーIを組んだら塗りたさMAXになってしまいました!「こんなに緻密なモールドやリベットに色が入ったら…」と思うだけでワクワクしちゃいます。

▲タミヤミリタリーミニチュアシリーズの最新キット「マーダーI」のキットレビューはこちらからどうぞ

 戦車模型って足回りや、主砲のメカにいろいろなパーツが入り組んでいて、いざ塗装するとなると、しっかり塗れていなくて成型色やグレーのサーフェイサーの色などがチラチラと見えて、一個一個塗りつぶすのに時間がかかります。

▲ピンクのサーフェイサーを吹いた四連装。ジャーマングレーに塗っている時、入り組んだところからチラチラとピンクが見えて悪目立ち!!。塗りつぶすのにとても時間がかかりました。ピンクをダークイエローなどの成型色に置き換えて考えてみてください。同じ現象が起こります
▲そんな時!「影」はあなたの塗装に光を刺す!?黒いスプレーやジャーマングレーに助けてもらおう!

 こんな時にとっても便利な塗料が「黒や黒に近いグレー」です。これを入り組んだところを中心に塗っておきます。僕たちの世界でも影は暗い色ですよね。入り組んだところはつまり「影」。ここの色が一段落ちていると自然に見えたりします。

▲影になりそうな下方向をから缶スプレーでぶしゅ〜〜。厚塗りだけには気をつけてね、さっと塗って、様々な方向から黒を纏わせるように塗ります
▲準備完了。この上からダークイエローを塗ってみます
▲さっとひと塗りした状態です。使用したのはタミヤアクリルのXF-88。黒がめちゃくちゃ塗り残されているのですが、雰囲気よく見えますよね。これが先に影色を塗る効果です

 以前nippperのミニチュア筆塗りの記事でご紹介した方法の戦車番です。

 陰影をくっきりつけるために、下地を黒にしてから基本色を塗る技法がありますが、それとは別にこのようにピンポイントで黒を置く「影塗り」も下地に黒を塗る方法として、とても効果的な塗り方です。黒にうっすら上から塗った基本色が塗ることでグラデーション効果で自然と影が発生します。色の塗り難いところにかかる時間も大幅に短縮されるので、快適に塗装も進みますよ。ぜひ真似してみてください!

▲ゴムタイヤの転輪なら、タイヤ部分の塗装もいっきに終わらせられますね。基本色塗装後に、タイヤについた余分な色は、黒の筆塗りで塗りつぶす!僕はいつもそうやってます
▲こんな感じで影色から塗って、戦車模型塗装しています
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。