初めて作ったアイツを連れて。二つ目のプラモがあなたを待っている!

 最近「人生初プラモ」を楽しんでいる人をよく見かけます。プラモ、楽しいですもんね! 私もまだまだ触れたことのないキットだらけですが、最近楽しかった体験をひとつ。皆さん、次に同じジャンルのプラモを手に取った時は、ぜひ最初のキットを傍らに置いて作って下さい。キットの違いに目が留まって、いろんな方向に感動が広がります。私の人生初戦車はタミヤ1/48のⅡ号戦車。二つ目の戦車として今回はタミヤ1/48のタイガーⅠ 初期生産型(東部戦線)を開封しました。

 まずは足回りから作ります。いきなり転輪多い! 履帯太い! これが軽戦車と重戦車の違いか……。これだけ違うとスケール間違えたんじゃないかと疑ってしまいましたが、車体に装備されているスコップなどの大きさが同じことに気付いて我に返りました。サイズや形状の違いといった単純な比較も、目の前で展開してみると面白味が増しますね。終盤に出てくる主砲も全然サイズが違って衝撃でした。つまようじとお箸くらい違うんですから。

 タイガーⅠの車体上部のパーツ、スコココンとキレイに抜けたエンジングリルが目を引きます。Ⅱ号戦車も改めて見てみましょう。その車体と同じく小さなグリルのスリットは十分にシャープ。両者共に、ハッチやヒンジからは強弱の付いた彫刻の妙を感じますね。Ⅱ号戦車を作った時は君の魅力に気付いていなかったのか……。車体に細かいパーツを載せていく工程は今回も一番楽しいです。自分にとって、戦車模型の大トロ部分はやはりここなんだな。

 完成したのでお祝いしましょう。好きなお酒も仲間に加えるとなおいいですね。私は大体ジンにします。それぞれのキットの説明書を見直したり、気になるところを検索したり、気楽なお勉強タイム。それにしても前より接着剤の跡が目立たないようにできた気がするな……。道具の使い分けも慣れてきたかもしれない! そんなところに気付くのも大事だと思います。製作の余韻とアルコールをじんわり味わって、今日はお疲れさまでした。

 ディティール、プロポーション、成型色、組み味、メーカーごとの違い……。組んで比べて感じることは人によって、その時によってさまざまです。その心の動きが次への原動力になります。今すぐにでも模型店をウロウロしたい気分。次は1/35の重戦車を買って更なるインパクトを感じてみようか?思い切って全然知らない海外メーカーに手を出す勇気も出てきたぞ!さあ、皆さんは次にどんなキットを手に取りますか?

ジョナ
ジョナ

1986年生まれ。東北の住みよい街にて、のんびりとプラモデルをいじる日々を送っている。ファレホLOVE。