シタデルカラー夏のシェイド新色/爽やかな青い陰影を作り出す「ティランブルー」

 ああっ、染める前の写真を取らずにいきなり青く染めてしまった。ドイツ兵が見つめるのはインディゴ地平線……。さて、水で薄めるのも洗うのもオッケー、ハイコントラストな塗装が筆一本で変幻自在に楽しめる水性塗料、「シタデルカラー」にはシェイドと呼ばれるシャバシャバの塗料があります。その名の通り、模型の凹んだところに流し込むように乗せて「影(SHADE)」を演出するための塗料として重宝します。そしてこの夏、一気に7種の新色が加わります。

 ……ということで始まりました短期連載、「シタデルシェイド夏の新色2022」の2色めはティラン・ブルー(Tyran Blue)です。ティランというのはミニチュアゲーム『ウォーハンマー40K』に登場する惑星の名前。美しい海を持つはずのティラン周辺の星系は、謎の化け物のせいでどんどんと干からびて生物の絶滅した死の星になっていき……という恐ろしいストーリーがあるのですが、一旦それは置いといて、この美しい青のシェイドカラーを今日はピックアップしましょう。

 ティランブルーはシタデルカラーにおける鮮やかな水色、「カレドールスカイ」と素晴らしい相性を見せることを狙って作られた色のようです。青系のシタデルシェイドといえば、従来は「ドラゲノフ・ナイトシェイド」やや黄色みがかった濃紺がラインナップされているのみで、劇的に影色が暗く落ちるのが特徴。ブルーの鮮やかさが犠牲になってしまうのがやや難だったのですが、こちらのティランブルーは写真のように彩度の極めて高い青です。これはわりと待望の色ですわ……(キャラクターモデルでも鮮やかな青は多いですもんね!)。

 明るい青の上に塗るのに適した「美しい明るい青の色合い」であることはもちろん、公式サイトによれば「銀や金の上に塗ると難解な色の組み合わせを作り出すことができる」という提案もされています。たとえばシルバーの上からこのブルーを載せて、白いハイライトを描くと光り輝くスチールの表現ができます。

 白い下地の上にティランブルーを乗せてみましたが、凹凸の乏しい部分は穏やかに青く染まり、凹みに溜まった塗料も暗くはならずにただひたすら純粋なブルーとして捉えることができます。光と影を「明るい/暗い」だけで表現するのではなく、「出っ張ったところは明るく、落ち窪んたところも鮮やかに染め上げる」というのが今回のシェイド新色たちの重要なキーワード。これによって影を入れていくうちに模型がどんどんドドメ色に暗く沈んでいくのを防ぐことができるわけですね。

 ブルーの下地にティランブルーを一閃。落ち窪んだところは確かに影に見えますが、ブルーの彩度を落とすことなく「より鮮やかな青」でシェイディングできているのがよくわかります。ウォーハンマーのミニチュアだけでなく、美少女プラモを始めとしたフィギュア系アイテムのブルー、ドラマチックに演出したいロボットプラモの筆塗りといったシーンで大活躍の予感がするティランブルー。立体感を強調しながら鮮やかにフィニッシュしたい貴方に、大のオススメカラーです。そんじゃ次の色で会いましょう。またね!

>ゲームズワークショップ ティラン・ブルー
>ジャイアントホビー ティラン・ブルー

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>/nippper.com 編集長
からぱた/nippper.com 編集長

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。