花金だ!仕事帰りに買うプラモ。1時間で憧れの「ハコスカ」のオーナーになれる!!

▲少ない部品点数でサクッと車模型を楽しめるアオシマの「ザ・スナップキットシリーズ」は、花金プラモのエースです

 週末の模型ライフが楽しくなっちゃうプラモを、フミテシの独断と偏見でお届けする「花金プラモ」。今週はスカラインGT-Rの伝説には欠かせない車種を、1時間でサクサクと組み立てて楽しむことができる「アオシマ文化教材社 1/32 ザ・スナップキット ニッサンスカイライン 2000GT-R」をご紹介します!! 角ばったボディが特徴的だったことから「ハコスカ」の愛称で親しまれている、とってもファンの多い旧車です。

▲ザ・スナップシリーズは、付属のシールで各部の色分けを表現できます。これが結構良くて、シールを貼って飾っておくだけで凄い満足度が高いんですよ

 ニッパーやピンセットなど基本的な工具を使いますが、接着剤は使用することなく組み立てが可能です。またボディカラーは、プラスチックの色(成型色と呼びます)で表現されており、そこにシールを貼って各部の色分けをしていきます。パーツ数も少なく、お仕事や学校から帰ってきた後のちょっとした時間でも、サクッと完成させて満足することができます。

▲今回製作したのは「ホワイト」のボディカラー。他にシルバーやサファリブラウンがラインナップされていますので、好きな色を選ぶことができます

 ボディはプラスチックの状態でツヤツヤで、とってもキレイです。光沢スプレーなどを吹かなくても、実車のようなグロス感を味わうことができます。他の車種ではメタリック表現が施されている物もあります。

▲このシリーズの主工程は「シール貼り!」とも言えるほど、様々な場所にシールを貼って行きます

 ここまでシールを多用するプラモも近年なかなかありません。1枚1枚貼るたびに、どんどん車らしくなっていきます。最初は「シールってどうなの?」なんて、アニキハートがムズムズしたもんですが、1枚貼った瞬間に「いいじゃん!」ってころっと変わりました。
 今では手のひらサイズで、車の形を最速で楽しめる「ザ・スナップキット」という素敵なプラモシリーズの大ファンです。

▲メッキパーツ、クリアーパーツの質も良くてかっこいいですよ~

 「楽プラ」というもう一つの名称があるこのシリーズ。作るのも簡単ですが、ハコスカのように車が好きな人にとっての憧れのような車種がラインナップに入っているのも素敵です。このシリーズであれば、ついつい気合が入りがちな名車たちにも、気軽に触れられることができます。心も楽にしてくれますね~。

 僕はこのプラモで、初めてスカイライン 2000GT-Rを体感しました。そういった名車の形に気軽に触れられるこのシリーズで、ぜひ週末の楽しいプラモタイムをお過ごしください。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。