アオシマの飛燕のプラモ、ハコの中から「ビースティー・ボーイズ」がやってきました。

▲俺のプラモ作りの応援にあいつらがやってきてくれた!!! 毎晩楽しいプラモライフ確定です

 プラモは箱を開けると様々な出会いがあるもんです。まさか、アオシマ文化教材社の真・大戦機シリーズ 三式戦闘機 飛燕のプラモの中にビースティー・ボーイズがいるとは思いもしませんでした。

▲どこをどう見ても、イケてる飛燕です
▲ほらいたでしょ。3人
▲決まってるね!
▲撮影開始!!!
▲よく見たら反射板のデザインが違ってた
▲別次元♪別次元♪

 どんなプラモの脇に飾ってもプロモーションビデオに早変わり!! 全世界のプラモと仲良くなれるスーパーアーティストの誕生です。コルセアだって零戦だって、なんでもOK!! スケール表記も関係ないぞ。

▲ゼロファイターとも友達さ!

 俺のプラモ製作を応戦してくれるアニキたちが、別次元や銀河を渡ってはこなかったけど、プラモの箱の中からやってきてくれました。最高の休日だぜ!! 
 俺たちもやるから、お前も頑張れよ! って当時の名曲のメッセージが俺を震わせます。

▲ラップを続けるのが彼らの夢なら、プラモを楽しみ続けるのが俺の夢

 プラモはこんなにも楽しいキャンバスになる。自由に塗ったり、形を変えたりして自分の好みのものにする楽しさは、どんな程度のことでも本当に楽しいです。自分の目の前にあるプラモが、あなたにとってそう見えたのなら、その姿にしてみる……あなたの自由を誰も奪ったりはしません。そしてプラモもそれを拒絶してくることなんて、絶対にありません! 目の前にあるあなたのプラモは、あなたに作ってもらうのを待っているのですから。
 新生活スタートの今、さらに楽しいプラモライフを送っていきましょう!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。