プラモデル撮影を劇的に飛躍させたければ、コンパクト&超安なモノブロックストロボを導入すべし!/Godox MS300

 一眼レフやミラーレスカメラを使って模型撮影(に限らずブツ撮り)をしている皆さん、モノブロック買いましょう。上の写真はこのたび新調したGodox製モノブロック、MS300イッパツで撮影したもの。モノブロックというのは電源をコンセントから引っ張ってくるストロボだと思ってください。昔はン十万払って買うようなものだったのですが、いまは13500円とかで買えてしまいます。カメラメーカーの純正ストロボよりもうんと安く、家の中での撮影が革命的に変わります。ほんとに。

 モノブロックのいいところは「三脚無しで手ブレしない写真が撮れる(←これが一番大きい)」「カメラの上にくっつけなくていいのでライティングの向きが自在に変えられる」「電池交換しなくてもいいし、電池式よりもチャージがかなり速い」「上向きに転がしておけば家の天井が太陽になる」というのが大きなポイントでしょう。

 ……とはいえ、今まで使っていたGodox DE300というのは冷却用のファンがうるさいしデッカいし配線面倒だし光量は手動でダイヤルをグルグル回さなければいけないというシロモノで(それでも昔クリップオンストロボや小さな光源をいじりまわして撮影してたときよりも100倍ラクに撮影できていました)、そろそろもうちょっとハイテクな機材に乗り換えてもいいんじゃないかなと思い、同価格帯の小型モデルを試してみたんです。

▲奥が従来のDE300、手前が新規に導入したMS300。光量そのままでめちゃくちゃ小さくなったな!?

 容積は体感で2/3、スタンド取付部の質感がややプラスチッキーな印象になったことと、チャージがDE300よりもほんの少しだけ遅くなりましたがどちらも模型撮影をする上では障害になりません。とにかく小さく軽く、さらにファンの音がぜんぜん聞こえない!技術の進歩は素晴らしいですね……。

▲フード付けてこのサイズ!取り回しや狭い撮影スペースで壁とのクリアランスを気にしなくてもいいのが最高。

 カメラとの接続はシンクロコードというもので行います。カメラ側にシンクロ端子が付いていない場合はストロボくっつけるシューのところをシンクロ端子に変換するアダプタが売られているのでそれを手に入れましょう。めっちゃ安いので。

 ただ、カメラとケーブルが繋がっているのも煩わしいし、モノブロックの光量調整をいちいち手を伸ばしてダイヤルくるくる回してやるのもイヤ!という人のために、MS300はなんと無線トリガーに対応している……すげえ。

※ちなみに模型撮影は基本的にピントが全体に合っていてほしいのでかなり絞り込んで撮影することが多いはずです。そうすると、モノブロックを常に最大光度にしておいてもあんまり困ったことにはなりません。2灯以上導入して背景とブツの照度バランスを整えるなど、将来の拡張性を考えている人、模型部屋でもリビングでもフットワーク軽く撮影したいという奇特な人(オレだ)は無線トリガーの導入を考えてもいいかも知れません。

▲本体背面の操作部。これが遠いといちいち触りに行くのがめんどくさいのだ……。
▲で、これがワイヤレスフラッシュトリガー。カメラ側に取り付ければ光量の調整や発光が無線でOKに!

 中華製の無線機器は技適の取得有無とか説明書がよくわからんとかそもそもどのストロボにどのトリガーが対応しているのかよくわからん、みたいなのが数年前の状況だったのですが、現在はGodoxブランドもグローバルに受け入れられるようになり、随分とわかりやすくなりました。ホントにいい時代です。

 そうは言っても、正面からストロボをバカーっと当てたら模型の立体感が失われてよろしくないですよね。というわけで、一番簡単に家の撮影環境を楽ちんにしたければ、モノブロックを天井に向けて立てておきましょう。モノブロックそのものが小型軽量なので、比較的安価なスタンドでも問題ありません!

▲天井が白いことが前提になりますが、モノブロックをこんな感じで上に向けておきます。

 手持ちでスパッとシャッター切るだけでこれくらいの写真はなんの工夫もなしにいきなり撮影できます。もちろん背景にも光が当たるようにするとか、もっと光源の位置を考慮したり上からフカンで撮影するなど工夫すれば見え方にたくさんの変化を与えることができますよ!

 模型撮影に、メルカリで不用品を売るときに、テーブルフォトをキレイに残したいときに……モノブロックは家の中での撮影体験を本当に劇的に変化させてくれるすばらしい機材で、レンズや三脚やカメラそのものの性能をあれこれ考えるよりも安く簡単に「良い写真」を手に入れられるチートツールです。安い、小さい、家の中に太陽が爆誕する!と三拍子揃った最強の撮影機材。みなさんもMS300、手に入れてみてください。いきなり写真のランクが数段よくなりますよ!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。