クルマプラモの完成を早く見たいがためのチューニング/マーカー塗装最速理論。

 プラモデルの制作って、結構性格が出る気がします。私はファイナルファンタジーなどのRPGをやるとき、アイテム収集なんてほとんどせず、できるだけ低レベルで最短の道程でラスボスまで辿り着きたい派でして、時と場合によりますがプラモも大体そうで、個人的に重要だと思った工程だけ施行して、いち早く完成した姿を見たいと思ってしまうのです。作ってて待ちきれないんですよね。

 フジミ模型のフェアレディZもそうです。前回の記事でプラスチックのボディをコンパウンドで磨いて表面処理をフィニッシュとした後、今回はペンによる部分塗装だけで、プラモデルの完成としました。時短の割にはなかなか良い感触で満足です。

 さて今回、特によく使ったのはタミヤのペイントマーカーのクロームシルバー。伸びも発色も光沢も良いという3拍子揃ったハイパーなマーカーなんですが、ペン先が太い!!窓枠が塗れない!!このままでは終わらんぞ!!

▲ということで、奥の手を使います。

 ゾリゾリゾリ……と繊維質のペン先をデザインナイフで削ってやることにしました。カスがペン先につくので、キムワイプなどで拭ってやります。

▲遊びは終わりだ!!窓枠が塗れてしまうのでした。

 ペン先が細くなっただけで、使い勝手がバツグンに良くなりました。はみ出したらエナメルの溶剤を含ませた細い綿棒でサッと吹けば、だいたいはOKです。しかし、場合によっては拭った部分がエナメルで侵されてプラスチックが若干光沢を失ったり、拭った塗料が広がって更に汚くなるなんてこともよくあるので、はみ出さないに越したことはありません。こういう時はルーペなどを使い、慎重に、ゆっくり、呼吸を止めて、はみ出さないように塗るのが最短のゴールだったりします。

▲それとマッキーもペン先を細くしてやると、奥まった部分にもペン先が届いて便利です。
▲赤、オレンジ、黄色の3色はクリアパーツやメッキパーツに直接塗る機会も多いので、持っていて損はないと思います。
▲窓枠に触らないように気をつけながら、他の部品を接着していって完成です。光り物って美しいですね。

 また、タミヤペイントマーカーは完全乾燥まで時間がかかるので、塗ったあと触らないように、細心の注意を払って作業し続ける必要もあり、簡易なメソッドにはそれなりのデメリットが伴うことも思い知らされます。しかしまぁ、ゲームと同じで、そんなリスキーな作業もスリリングで結構好きだったりするのですが。とにもかくにも、ものすごく速い車のプラモが、ものすごく早く手に入って、私は嬉しかったのです。

ハイパーアジア
ハイパーアジア

1988年生まれ。茨城県在住の会社員。典型的な出戻りモデラー。おたくなパロディと麻雀と70’sソウルが大好き。