戦車プラモは「粉物」で〆る!!!/アフリカと俺 2021 「タミヤ ドイツIV号戦車G型初期生産車」

▲遂にIV号戦車G型の車両がフィニッシュ〜〜〜

タミヤの戦車模型1/35スケールミリタリーミニチュアの新作「ドイツIV号戦車G型初期生産車」をフミテシメソッドで完成させる連載。遂に「車両」が完成です。いろんなメニューを食べてきましたが、最後は粉物で〆ますよ!

▲こちらは前回の記事。砂埃を纏ったIV号戦車G型をピシッとしめていきます

まず粉物に行く前に、砂埃を纏ったことで、全体が軽い印象になっています。特にほとんどのモールドに明るい色が入っているので、締まりがありません。これを整えるのが「スミ入れ」です。全モールドにスミ入れをするのではなく、くっきりさせたいモールドやディテールに暗い色を流してみましょう。

▲各モールドにホワイトダストの白っぽい色が入っています。このモールドの中から「ここにメリハリを出したいな〜」って部分だけにブラウン系の墨入れを俺はします。どこが正解とかはないと思いますので好みで流してみてください
▲サンドカラーにおすすめの色がディープブラウン。見た目ほど赤くはなく、しっかりとモールドを際立たせてくれます
▲俺は「自分でセレクトしたモールドやディテールにだけスミ入れするように」と何度も心で念押しして作業しています。いつの間にかいろんなモールドに流してしまい、「せっかくの砂埃を消してしまったよ〜〜って」ことを何度もやりました。それだけスミ入れって楽しくてついついやりすぎちゃうんですよね

このディープブラウンのスミ入れにより、モールドにメリハリが生まれ、全体が締まります。ここまでやったら「つや消しスプレー」を吹きましょう。つや消しスプレーを吹くことでパステルやペースト系の塗料の食いつきがとてもよくなります。

▲つや消しスプレーのおすすめがこの2本。ラッカー系はMr.スーパースムースクリアー つや消し、水性はプレミアムトップコート つや消しです。どちらも滑らかなつや消しになりますよ〜
▲砂漠汚れにはMr.ウェザリングペースト マッドホワイトと、お手軽に手に入るパステルの代表であるGSIクレオスのウェザリングパステルからサンドを使用します
▲まずは足回りから。ウェザリングペーストはウェザリングカラー専用うすめ液で粘度を調整できます。今回は砂漠の砂が付いている感じにするので、少しゆるく溶きます
▲足回りにどりゃ〜〜って塗っちゃいましょう。履帯にも俺は塗ります
▲完全に乾くまで待ちます。ドライヤーで乾燥させてもOKです。きちんと乾燥させることがこの工程のポイントです
▲乾燥ウェザリングペーストを上から下方向に綿棒を動かして落とします。ランダムであればあるほどいいです。これだけで足回りにこびりついている砂の雰囲気が出ます
▲履帯も綿棒でゴシゴシ。もはや瀕死の綿棒が履帯に食い込んで、いい感じにペーストを絡め取ってくれることもあります
▲これだけでこんな雰囲気に。この状態にさらにパステルを加えて、砂感を追加します
▲パステルは細い筆でピンポイントで乗せていくのが良いです。全体を払うようにば〜っとやってしまうと、パステルの色で表面がカサカサになって染まるだけで、いい感じになりません
▲パステルを置いたら、アクリル溶剤を使用してパステルを固定します。溶剤を染み込ませた筆先を弾いたりして、アクリル溶剤をランダムに飛ばします。これによってランダムにパステルが固定されるので、意図して筆を動かしたとは異なる、面白い雰囲気をお手軽に出すことができます。溶剤が乾いたら車体をひっくり返してポンポンと叩けば、固定されていないパステルを落とすことができます
▲余分なパステルやペーストを拭うのにはガイアノーツのフィニッシュマスターがおすすめ。ピンポイントで綺麗にできます
▲色味やピグメントによる凹凸など様々な表情を足回りに追加することができました!
▲車体部分にも砂がかぶりそうな場所や、砂汚れを追加したい部分に、細い面相筆でチョンチョンとパステルを置いていきます
▲綿棒で叩いたり、車体に擦り付けるようにします。余分だなと思ったところは全て払ってしまいましょう。そして最後にまたアクリル溶剤を飛ばして、パステルを固定します
▲車体、完成!!! 様々なことをやりましたね〜〜

ペーストや、パステルは戦車をお手軽にハードに汚すことができる便利アイテムです。だからこそ多めにどば〜っとやってしまうとマテリアルの色に染まりまくってしまい、これまでの塗装が台無しになってしまいます。ご飯の〆のように、控えめな量で美味しい味を楽しむ感覚でいきましょう! そうすればあなたの戦車模型はかっこよくなること間違いなしです。パステルやペーストの塗装はめちゃくちゃ楽しいですよ!!! それでは、これからIV号戦車G型のアニキたちと遊んできます。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。