たった3手でプラが「木」になる必殺技!/GSIクレオス ウェザリングカラー グランドブラウン。

▲戦車の模型とかにこういう「木箱」のパーツありますよね〜

 プラパーツを塗って「木」にする。戦車や飛行機の模型で度々現れるシーンです。そして木の色は模型のアクセントにもなるんですね。これをたった3手で誰でもいい感じに塗装できる方法をご紹介します!

▲地面の茶色? これで行けるの?

 使用するのはGSIクレオスのMr.ウェザリングカラー グランドブラウンです。これをひと塗りすればプラパーツが間も無く「木」になります。

▲白やタンなどを下地に塗ります

 いきなりプラパーツに塗っても成型色が汚れるだけです。筆塗りや缶スプレーなどで白、もしくはカーキやベージュ、タンなどを塗って下地を作ります。

▲ウェザリングカラーにはGSIクレオスの「接着剤用筆」を装着すると作業効率がアップするよ

 下地が乾いたら、なんも考えずにグランドブラウンを全体に塗ります。

▲平筆を「木目」を表現したい方向に動かして見てください

 ウェザリングカラーうすめ液をほんの少ししみ込ませた「平筆」で、木目を流したい方向を意識してサッと撫でて見ます。これだけです。すると〜

▲木箱の完成です!

 この3手だけでプラパーツがなんだかいい感じの「木」になります! 手間もかからず、ちゃっちゃと筆を動かすだけでみるみるパーツが木になっていくので楽しくてしょうがありません!

▲これも同じ方法です。下地の色をベージュにしたので、白の時とは異なった色味になっています

 細かい木の塗り分けで手が止まるなんてことはこれでなくなります。むしろ面白いので、木の部分をどんどん塗りたくなってしまいますよ! ぜひ一度試して見てください。それでは〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。