ウクライナ製プラモでデリバリー!/スリーポインテッドスターな働くクルマ。

▲赤十字を背負った強いパッケージ。

 ミニアートの1/35「GERMAN DELIVERY CAR 170V」。ミニアート社はミリタリーモデル以外にもミリタリー要素を排した1/35ミニチュアシリーズも展開しており、もともとこのキットもそちらのラインナップでした。まあただこの車がドイツ国内で使われてた時期は1930年代。そりゃそのまま軍用に転用されるわけでして、今回はジャーマングレイやダークイエローに塗り替えられた民生バンのキットなのです。

▲箱の中はスカスカな感じもしつつパーツ数は多いぞ。心してかかれ。

 このキットで「ジャーマンデリバリーカー170V」と呼ばれている車輛は、1936年にメルセデスベンツが作った乗用車であります。セダンやカブリオレタイプなどさまざまなバリエーションが作られましたが、第二次大戦中は民生用の生産は中止され、政府や軍向けの公用車のみの生産となります。戦後もこの170Vはちょこっとずつ改修されながらも生産され、長く愛されるクルマとなるのでした。

 ミニアートの170Vも色々なバリエーションが出ており、このバンタイプも前述したように民間仕様が出ていますし、通常のセダンタイプも民生と軍用両方キット化されてます。そんなバリエーション豊富なキット故、ランナーを眺めてるとこんなことに……。

▲パッと見同じパーツじゃんこれ…

 例えばエンジンとかシャシーフレームなんかはどのキットも共有なんですが、バンタイプを製品化するためにまるまるボディ下部パーツを作り起こしてるもんだから、似たようなパーツが余るんですわ……。これ以外にもバンタイプはベンチシートのため、通常のシートとかもまるっと余ったりしています。豪快だな!?

▲エンジンフードのスリットが抜けてたりめっちゃ細かいパーツがランナーにくっついてたり。

 最近のミニアートのキットのには繊細なパーツがこれでもかと詰め込まれていまして、それを眺めているだけでも楽しいぞ。

▲バネだバネ。すごい成形です。

 そしてスライド金型を使ってバネを再現してたりとコダワリが楽しい内容となっています。いや、まあ、作るの大変そうだなあと感じちゃいますけど!

▲カーモデル作ってるなーって気持ちになる瞬間。

 エンジンやサスペンション、シャシーフレームもしっかり再現されているので、組み立てがある程度進むとこのカタチになります。その車の構造が分かるので楽しいよね……!プラモデル作ってて勉強になるなあって思うタイミング。

▲せっかくなのでエンジンフードやドアを開けてみました。

 組み上がるとこじんまりとしたスタイルのバンが完成しますぞ。エンジングリルとかにはエッチングパーツが使われており、グリルの上に燦然と輝くスリーポインテッドスターがピリっと引き締めてくれますなー。エンジン周りがしっかり再現されているので、キットの説明書にも「エンジンフード開けてみようぜ」っていう指示もあります。塗装手順とか悩んじゃうけどね!

▲実はこのキットの醍醐味はここからなのである。

 パッケージを見ると屋根の上に組まれたフレームに色とりどりの段ボール箱が積まれています。キットにそんなプラパーツは付いてねえ…と思いきや、説明書のカラーページにペーパークラフトが付いてるんすよ!これを載せたいがためにクルマのプラモを作ってたといっても過言じゃねえ!よく切れるデザインナイフで切り取り、木工用ボンドで接着してひとつずつ段ボール箱を作っていく……ランナーからパーツを切り出すのとはまた違った楽しみかた。

▲全部箱組しても積み切れないのでとりあえず8個ほど組んで載せてみる。

 いやこの載っける作業がチョー楽しいんですけど!「フンフン~何の段ボール詰もうかなー?」って楽しめちゃうぞこれ。印刷されたパッケージをよく見るとビールっぽいラベルとかもあるし、そもそも今回組んだ赤いパッケージの箱はショカコーラという戦前からあったドイツの有名なチョコレート菓子。お菓子といいつつ強いカフェインとかバリバリ入ってて大戦中もレーション(戦闘糧食)としても用いられてた強いチョコ(語彙力)。ニクいチョイスだなーと思いつつも、このパッケージは戦後仕様なので気を付けよう。今夜はお酒じゃなくてこのショカコーラを食べながら模型を作ろうじゃないか。

 このキット自体は軍用としてのパッケージですが、実際は民間車輛や郵政仕様のデカールなんかも入ってて色々楽しめます。キットとしては「……なかなかやりおるわい、ミニアート……!」といった手強さはありますが、ちょっと毛色の違った模型も楽しいもんですね!

内藤あんも
内藤あんも

1977年生まれ。戦車道とスピットファイア道を行き来する模型戦士。生まれ育ちは美濃の国、今はナニワ帝国の片隅でプラモデルを作る日々でございます。