飛行機模型が最後の1手。ついに俺の艦船プラモ完成!/ウォーターライン50周年で再航海時代到来!!

▲なみいたくんの上でご機嫌だぜ!!! 青葉出港!!!

艦船模型の「ウォーターラインシリーズ50周年」と言うワードに自分の中で艦船模型再航海時代が到来したフミテシが、「ハセガワ 1/700 青葉」の製作にチャレンジする本連載。遂に今回がクライマックス。青葉出港であります。最後の儀式は「艦載機」。空母だけじゃなく、重巡洋艦や戦艦にも航空機が搭載されます。主に観測機(戦場で敵軍の位置を確認したり、自軍の火砲の弾着確認などをする重要な役目を担う)や偵察機(敵地域などの状況を把握するために偵察など情報収集を行う軍用機)です。艦船模型の中に飛行機模型が現れるので、プラモのアクセントにも抜群! 小さいから手際良くぱぱっと仕上げちゃいましょう!!

▲缶スプレーで一気に塗るぞ! 下地のオキサイドレッドは、ランナーについている状態で塗りました

塗装に使用するのが、タミヤのエアーモデルスプレー。各国の航空機にあったナイスな色が用意されています。さらにこのスプレーは、通常のタミヤスプレーの弱点、「エナメル塗料を塗ると溶け出す」ということが克服されています。色が抜群に良いので、飛行機の缶スプレー塗りをしたい人は、ぜひとも一度使ってみてください。

▲艦船模型の塗装時に俺が愛用する持ち手「まな板」にマスキングテープの粘着面を画上に来るように貼ります
▲まずは裏から塗ります。翼の片面をマスキングテープに乗せて固定。あとは裏面に明灰白色をふきつけます
▲これで飛行機の裏面の塗装が完成
▲お次は濃緑色。上から緑を振りかけるように塗れば、したの明灰白色を塗りつぶすことなく塗り分けできます
▲これでメインカラーの塗り分けは終了!

お次はデカールを貼ります。小さな日の丸や尾翼のマークはデカールを使用。赤や黄色の帯はデカールではなくシタデルカラーで1発塗りします。シタデルカラーの隠蔽力が凄まじいので、デカール貼るより簡単です。赤はメフィストンレッド、黄色はアバランド・サンセット、明灰白色はセールカラーでも使用したレイスボーンで塗っておけば良いでしょう

▲このような小さい模型にシタデルカラーは最適! 筆塗りの苦手意識がなくなります

▲エアーモデルスプレーはエナメルに強いので、このようにタミヤのエナメルのスミ入れ用塗料でウォッシングしてもびくともしません。最後はこれを載せれば〜〜
▲「ハセガワ 1/700 青葉」完成です!!!

ウォーターライン50周年ということで、再び作ってみたくなった艦船模型。艦船模型にどハマりしていた頃よりも明らかに肩の力が抜けて、とても楽しい時間を過ごせました。それも自分自身がnippperを通して便利なマテリアルや塗装方法、筆塗りの楽しさなどを身をもって知りそれを実行できたから。特に甲板のノンマスキング塗りは僕の中でもとても気に入っていて、また艦船模型の世界に入りたいなと思えるようになりました。あの頃夢中だったものに今の模型を楽しむスタンスで再会できたことは、僕の中で本当に良い経験になりました。いつも艦船模型は僕の模型ライフの中に何か刺激を与えてくれる存在です。ウォーターラインシリーズ50周年おめでとうございます。全メーカーに感謝です。

▲今日は鉄器に焼酎の水割りを入れて。乾杯