筆塗りで飛行機模型を楽しむぞ!/迷彩塗装は「縁取りポンポン!!」

▲こんな風に迷彩も楽しく筆塗りできます
▲こちらの続きだよ

 迷彩塗装も筆塗りで楽しんじゃいましょう! 迷彩ってなんだか難しそうって思う方もいると思いますが、そんなことはありません! 特に筆塗りはめっちゃ楽しいですよ。前回に続き、ばくざんフミテシに登場してもらいます。

▲説明書の塗装図をよく見るんじゃぞ

 迷彩塗装の時、説明書がモノクロなら「ミドルストーン!」「ダークアース!」って塗る色名を説明書に書いておくと間違えないんじゃ! フミテシは何回か迷彩パターンを逆に塗ったことがある。それはそれで良い味わいだった。

▲ミドルストーンとダークアースを塗っていくぞ
▲いきなりそれっぽく塗っても良いが、塗り絵のように縁取りをすると塗りやすいんじゃ!

 ダークアースで塗る箇所を面相筆で縁取っていく。説明書の塗装図をよく見て、各迷彩の中にある特徴的なディテールを目印にして線を引いていくのじゃ。まぁ完璧に縁取っていくことは難しいので、それらしくなっていれば問題なし!

▲後は塗り絵と同じ! 縁取りの中をポンポン叩いて塗っていくぞ!! ミドルストーン!!!
▲同じ箇所を何度も弄らず、まずは同じ色の部分を一気に塗ってしまうのが良いぞ!
▲続いてダークアースをポンポン塗りした状態

 はみ出しや塗料の乗りが悪くても、まずは一気に全色塗ってしまうのが良い! 上の写真が2色の迷彩を1周したもの。乾いたら、はみ出した部分や塗り残し部分をチェックしながらもう1周塗る。これで効率良く一気にリカバーもしながら塗り上げることができるのじゃ!

▲2周塗り終わるとしっかり発色! 後は気になるところをチョンチョンリタッチしてあげればOKじゃ!
▲1時間でサクッと塗り終わりじゃ! このくらいポワポワで全然OK

 迷彩塗装もこんな感じで筆塗りで楽しめるのじゃ! 各部をちまちま塗らないで、縁取り部分を塗りつぶすようにして一気に塗っていくとあっという間に塗り上がる。色がどんどん増えていくとそれはそれは楽しいもんじゃ。さぁ後2手でこのスピットファイア がさらにカッコよくなるので楽しみに待っていてくれよ! んじゃな!!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。