筆塗りで飛行機模型を楽しむぞ!/ひっくり返して「ポンポン塗り」。

 キャノピーを接着しないだけで、飛行機模型は刺身と塗装の両方を味わえると前回記事で提案してみました。

▲この記事のアンサー!

 そのアンサー企画「筆塗りで飛行機模型を楽しむぞ!」をお届けします! 1/72スケールの飛行機模型を水性塗料、主にGSIクレオスの水性ホビーカラーを使用していきます。繊細な作業は一切なし! バシバシ筆を動かしていきますよ。 ばくざんフミテシ、よかいち飲んでやっていくぞ!

▲水性ホビーカラーと、筆。これで十分楽しめる!

 あんまり難しいことを考えてはいかんよ。とにかく、筆と塗料、あとは筆を洗ううすめ液だけでいいから揃えてみてください。それでええんです。

▲何やらけったいな塗り分けと思うかもしれません。でも迷彩塗装は難しいものではありません。楽しいものです
▲砂漠のスピットファイアにするからミドルストーンとダークアースをメインカラーに使用します

 水性ホビーカラーの特徴は、瓶の状態ですでに筆塗りに適した濃度になっていること。棒で中の塗料をよく混ぜれば塗装準備は完了じゃ! 薄めたい時は、うすめ液をほんの少し入れたあげるだけで十分。少量のうすめ液で一気に薄まるぞ。砂漠のスピットは下面に「エイザー・ブルー」という青を塗るんじゃが、水性ホビーカラーにはそのような色がない。しかし「みず色」で大丈夫じゃ。明るい青に塗っておけば大丈夫。

マスタークラスドライブラシは本当に最高じゃ! ポンポン叩いたり、擦ったりするだけでいい感じに塗ることができる!!

 塗るというより「叩く」という塗り方で飛行機に色をつけていくぞ! アーミーぺインターのマスタークラスドライブラシは叩き塗りには最高で、筆ムラがいい感じのテクスチャーになるんじゃ。良い道具は模型をさらに楽しませてくれるぞ。マスタークラスドライブラシが手に入らない場合は、ゴッドハンドの神ふでシリーズの「つんつん筆」と「うぶげ 平丸筆」の2本で代用できるぞ。この2本の筆の良いところを1本にしたのが、まさにマスタークラスドライブラシなのよね。

▲うぶげの柔らかさで塗料をポンポン押し付けて色を塗っていく「うぶげ筆」
▲毛が細くてミチミチに束ねられているつんつん筆。先端でつんつんして細部を塗ったりします。迷彩の色と色の際をこれで整えてやるとええでしょう
▲裏面から塗っていきますよ。ばくざんフミテシはマグカップにマスキングテープで固定して裏面を塗ることが多いんよね。こうすれば上面のアンテナを塗装中に吹っ飛ばしたりしません。まぁなんか固定できるものがあると筆塗りは楽ってことです

 筆塗りのポイントは「塗料を含ませる量」の調整だけ。それだけ気をつければ何の問題もありません。裏面から塗っていくのは、色数が少ないのと裏側なら失敗しても目立たないので、良い練習になるからじゃ!

▲初めて使ってびっくり! めっちゃいい色!! スカイブルーとは全く違う色味。みず色
▲一度水色を筆に含ませて〜
▲ペーパータオルの上にバウンド。焼肉定食で白米にバウンドさせるイメージで〜
▲後は筆を叩くだけ。これしかないわ〜!
▲さっき、塗料を薄めるのには気をつけようって言ったのはこのことや。左が瓶生、右がうすめ液で薄めたものを塗った状態

 薄めすぎるとただビシャビシャになるのが叩き塗りの弱点。ちょっと濃い目でポンポとスタンプしていくのじゃぞ。

▲成型色のグレーがちょこちょこ見えてジラジラした雰囲気がかっこいいんじゃ。これも筆塗りによる塗面の面白いところじゃ

 水性ホビーカラーの薄まりやすい特性を知っていれば、特に迷うことなく筆をポンポン叩いていくだけでジラッとした表情ある塗面になっていくのよ。乾いてないところにポンポンすると塗料が普通に剥がれるので、乾いてから重ね塗りするという基本は同じじゃ。今の新水性ホビーカラーは乾くのも早くなったから、待ち時間も少ないぞ。ドライヤーを使用してももちろんOKじゃ。今夜はあなたが好きな飛行機の下面を、お酒でも飲みながらポンポンして楽しんで見てくだされ。んじゃね。

▲筆塗りの時はこのグローブがあると指紋の恐怖からも解放されますよ!
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。