「ホワイトダスト」で私を砂漠に連れてって。GSI クレオスウェザリングカラー ホワイトダスト。

▲たった1本の塗料が砂漠へのパスポート

 戦車モデラーとして日本最強のアニキ・吉岡和哉氏がプロデュースするGSIクレオスのウェザリングカラー。もはやウェザリングやスミ入れといった工程に欠かすことのできない傑作マテリアルです。その中の1色「ホワイトダスト」がめっちゃご機嫌でした。これひと塗りで一気に砂漠へワープ。明るい砂埃を車両に纏わせることができます。

▲明るい埃色が発色しにくいダークイエロー系の車両もばっちりいけますよ!
▲色味は甲板色のようなタンのような色です。かなり明るいですね
▲試しに足回りや、転輪のモールドにジャンジャン流してみます
▲すごい! 乾くと転輪のモールドが砂埃で汚れた感じに! そしてダークイエローが一気に白っぽくなりますね
▲砂上に接する履帯。ここもガッツリとホワイトダストを塗ってあげれば〜
▲あっという間に砂漠帰り! この上からさらにパステルやウェザリングペーストを盛れば雰囲気マシマシになりますね
▲ピンの底に溜まった濃い目の顔料をこのように車体にチョンチョンと置いて〜
▲ウェザリングカラー専用薄め液でほんの少し湿らせた平筆を使い、一気に流す!
▲めっちゃいい感じの砂埃! あっという間に砂埃が垂れた雰囲気を表現できます
▲ホワイトダストは白く退色した雰囲気も出せます。ガンプラの足などに塗るとスケールエフェクトも出ていい感じの退色汚れになりますよ

 中東やアフリカなど白味のある埃を再現しようと開発されたホワイトダスト。ダークイエローやサンドイエローなど明度が高い車体色に塗っても埃映えできるよう調色されているので、本当にあとは塗るだけでOK。すごいウェザリングカラーです。ジャーマングレーやオリーブドラブなどの車両に塗ると一気に白っぽくなります。でもそれを逆手に取り、すごく退色しそうな部分にチョンと塗ってぼかしてやるのも良いと思います。茶や黒だけが汚しの世界ではないことを教えてくれる「ホワイトダスト」で、ぜひあなたの模型に新たなテイストを吹き込んでみてください。