イギリスが送り出したアメリカ代表プラモに潜む「スウェーデン」!! エアフィックス F-51D マスタング

 ふとしたきっかけで、「あ、このキット持ってたよな…」とか、「あれを作りたくなったな…お店に探しに行こう!」ってなかんじで、模型のスイッチが入る瞬間ってありますよね? 通勤途中だろうが仕事中だろうが、もう頭の中は模型のことで一杯になっちゃう。そんな感覚。

 きっかけはクリスチさんの先日のスウェーデンについて触れられていたエントリーを読んだこと。この記事を読んで、押し入れに積んでいるキットを思い出しました。私の勤め先はスウェーデンと関係が強かったり、一時期は同僚のスウェーデン人が隣の席にいたりしたので、スウェーデンが絡むネタだと敏感に反応してしまうカラダになってしまったようです。

▲日本でもお馴染みっすね! 行くこと自体が楽しい「IKEA」

 スウェーデンといえばまず思い浮かぶのがイケア(IKEA)でしょう。他にも鉄鋼業や重化学工業が盛んです。模型的には、模型誌でも定期的に取り上げられるくらい軍事(兵器)的に独特な気風のある国家として知られていますね。ドラケンやグリペンといった独自開発の戦闘機を保有したり。そして国籍マークがとにかくカッコいいです!黄色で縁取りされたブルーのラウンデル、その中にピコン!と輝く3つの王冠。

▲お! このかっこいいマークこそスウェーデン

 これは「トリクローナ」といって、そのまんま「三つの王冠」を意味するんだそうです。通貨単位も「クローナ」です。そんなカッコいいマークがついた飛行機、うちになかったかな~?と思い出したのがこのキット。

▲え!? マスタングだって? アメリカ代表戦闘機じゃん

 イギリスの老舗、エアフィックスの1/48 F-51Dです。去年の夏、初めて入った模型店で見つけたキットなんですが、手に取ってみたらなんと「スウェーデン仕様のデカール」が付いてるじゃないですか!

 「え、そもそもマスタングってスウェーデンでも使われてたんだ!!」という新鮮な驚きが嬉しくて、そのままレジに直行しました。

 中身はエアフィックスらしくシンプルなパーツ構成に、パリっとしたディテール! 完成までの工程がスッと頭に浮かんできます。タミヤの箱を開けた時とはまた違った安心感があります。

▲豊富なマーキングの中でも主張がすごい!

 そして、デカール! 見慣れたアメリカ軍の星マークに、その下はオーストラリア軍のマーク。そして今回の主役、トリクローナ!!! 銀色の塗装に映えることでしょう!!

▲銀にトリクローナは激ヤバ間違いなし!

 エアフィックスのキットには大判のカラー塗装図が付属するのも気分を盛り上げてくれます。週末の楽しみはコイツで決まりっすね! 今週も頑張って働くぞ!! それでは!!!

えぬせ
えぬせ

1986年生まれ。うまい飯とうまい酒のセッティングもバッチリできるサラリーマンの鑑!模型もキャラからスケールまで楽しそうなものはなんでも作ります!