ラップとクリアーコートで貴石のように輝くプラモを作りたいんじゃ!【雨の日はやめよう】

 プラモ作ったり他の人のプラモを眺めたりしていると「やってみたいけど成功するかどうかわからないからやったことない!」という工程がむっちゃたくさんあります。私の中ですっごく気になっていたのがサランラップを使った塗装。大理石みたいな模様が入ってキレイにクリアーコートされていると、とにかくプラモが映える。クルマやガンプラが大理石でできているわけはないんですが、「大理石みたいなテクスチャ」が人間になんだか尊いなぁという気持ちを抱かせるというカラクリ。昔の人はすごいぜ。

 暗色とシルバーのランダムなコントラストを作ってからクリアー塗料でコートすることで天然の鉱石みたいな紋様を浮き出させるラップ塗装。ネットで調べるとバイク(実物)のカスタマイズをしているサイトがいっぱい出てくるのですが、プラモに活かそうとするとドンピシャの解説をしてくれているところは案外見つかりません。

 ということで、今日は実験。テスト用のパーツを用意してそもそもぶっつけ本番でラップ塗装ができるのかどうかやってみます。ヤラせなし、体当たりのイチかバチかでございますよ。まずパーツを黒っぽく塗ります。完全に真っ黒にしないでもわっと地の赤を残しておきました。

 サランラップをクシャクシャにします。クシャクシャになりやすいサランラップとなりにくいものがあるらしいのですが、家にあるやつは比較的復元力が強い……このへんはそのうち「クシャクシャになりやすいサランラップ5選!」みたいな記事をやってもいいくらい重要なファクターっぽい。

 適当な塗料皿にシルバーをダーッと出して、サランラップにネチネチとなすりつけたら準備完了。シワシワの先っちょがパーツに当たるか当たらないかのフェザータッチでパーツ表面をちょいちょいと叩くように塗っていきます。最初はおっかなびっくりですが、だんだん慣れてきます。塗料をあんまり薄めすぎると下地が溶けてくるから注意だぜ。なかなか面が覆われないからと一撃で大面積を塗るよりも、細かい模様で全体を覆い尽くしていくようなイメージで行くと、バランスが良さそうということが分かってきました。

 シルバーの段、終了! ……あたりまえのことですが、出っ張ったところにはたくさん塗料が付いてほとんどシルバーになっちゃうし、凹んだところにはラップが入っていかない。このへんはもしかしたら台所用スポンジをちぎったやつとかを臨機応変に使ったほうがいいのかもしれません。やってみないと知見は得られず、やれば一撃でなるほど性が発生するのでみなさんも「実験」はどんどんやったほうがいいですね。経験しないとフィードバックはないんだぜ。

 上からクリアーレッドを吹いていきます。さっさと発色させたかったので、薄め具合はエアブラシで吹けるか吹けないかのギリギリまで濃くしておきました。締切に追われている人は結構濃い目で塗料を吹いていたりしますが、良い子は真似しないほうが良い。そしてこの写真を撮影した日はずっと雨が降っており、窓を開けた部屋も当然湿度が高く……。

 イェイ! ラップ塗装の完成だ……と思ったのですが、パーツの端っこに水蒸気を巻き込んだ塗料の飛沫がブチッと付いたのが吹けば吹くほど成長していき、ブツブツが盛大にできてしまいました。雨の日はリターダーを混ぜるなりなんなりして、薄めの塗料を根気よく乗せていったほうが失敗はしなさそう。っていうか雨の日にクリアー系の塗料をエアブラシで吹くのはマジでやめたほうがよい。最終的にコンパウンド(研磨剤)でちょろっと磨いたらややきれいになりました(ツイッターのサムネイルはその写真を使っています)。

 ということで、今回は失敗込みで感触を掴むことができました。さて、いま家にはこれで塗りたいものがちょこちょこあります。いい感じでしょ!というのが完成したらまたお披露目しますので、また会いましょう〜。そんじゃあね。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。