「剣」の筆塗りはドライブラシで決まり!!誰でも手軽にかっこよくできます!!

▲塗装で君の剣の切れ味は何倍にもなる!!!!

 メガハウスが送り出したハイディテールプラモ「ゲームピースコレクション DARK SOULS 上級騎士&混沌の魔女クラーグ」をどんどん筆塗りで楽しんでみよう!という企画第3弾。今回は上級騎士の「剣」をフィーチャー。グレー一色のプラが、お手軽なドライブラシ塗装で輝く「剣」に早変わり!! 上級騎士の「剣」だけでなく、様々な模型の剣をかっこよくできる塗装方法なので、ぜひチャレンジしてみてください! それではペインターのふりつくさんにバトンタッチします。よろしく!!

▲このサイズに凝縮されたディテール! 組み上げるだけでもかっこいい!!

 「DARK SOULS」シリーズを通しての看板装備かつバランスの取れた性能でゲーム中お世話になったプレイヤーも多いんじゃないでしょうか。キャラクターとしては主人公が囚われていた北の不死院を脱出する手助けをし、最期にエスト瓶を託してくれるアストラの上級騎士が装備していましたね。再び北の不死院を訪れた際の彼の姿には心打たれたもんです……。それをプラモで作れるなんて本当に最高です! 塗装楽しみますよ。

 キットではクラーグと対峙します。やはり剣の塗装はこだわりたいですよね!ナマクラじゃやられちゃう! 剣の塗装は普通にメタルカラーを使っても良いんですがさらに切れ味が良く見えるように、「ドライブラシ」で「お手軽ノンメタリックメタル風塗装」をやってみましょう。ノンメタリックメタル塗装は、金属色を使わずに通常色のグラデーションによって金属質感を出す塗装方法を言います。アニメでの百式なんかを思い浮かべて貰うとわかりやすいかと思います。

 ■ドライブラシをおさらい〜

 ドライブラシは、筆に取った塗料を布やペーパータオルで拭き取り、カサカサになった筆に残った極少量の塗料を模型に擦り付けていく技法です。エッジを強調したり、グラデーション塗装をしたりとお手軽で効果抜群の塗装方法です。

▲適量の塗料を筆にとります
▲筆を布やペーパータオルで拭きます。ほとんど塗料がつかなくなるまで拭くのがポイントです。これで準備OK。このように塗料を調整した筆先を模型に擦り付けます

 ■使用するカラーは3色!!

▲使用するのは左からシタデルカラーのインキュビダークネス、フェリシアングレー、ファレホのデッドホワイト。デッドホワイトって名前、怖すぎる
▲まずは私、インキュビが参る!
▲刀身全体をインキュビダークネスで塗装
▲その後真ん中の凸ラインで半分をマスキング
▲お次は私、フェリシアン!
▲剣の先の方と根本をフェンリシアングレーでドライブラシ!
▲デッドホワイト、いきま〜す
▲剣の先端と、根本の柄に近い方をデッドホワイトでドライブラシ
▲刃の片面が塗れたらマスキングを剥がして、先程塗った面を覆うようにマスキングします
▲先程と同様のカラーを互い違いになる様にグラデーション。剣の中央部分にフェリシアングレーをドライブラシ
▲さらに中央部分をデッドホワイトでドライブラシ!
▲マスキングを剥がせば「キラン!」と輝く刀身が!!!
▲最後に刀身中央の凸部分と刀身のエッジ部分にデッドホワイトで慎重にハイライトを入れれば完成! 筆を横方向にして筆腹を剣の凸に滑らせるようにして塗るとうまく行きやすいです

 通常色のドライブラシでお手軽にかっこいい剣を表現することができます! 失敗してもマジックリンなどで塗料を落とせるので、めげずにチャレンジしてみてください! 剣がかっこいいと何倍も上級騎士がかっこよく見えますよ!! それでは、またお会いしましょう〜。

ふりつく
ふりつく

1989年生まれ。模型ホビーを愛してやまない雑食ライター。ステイホーム期間をきっかけにラジコンカーにはまり気味。