タミヤのクラシックは、町中華の焼肉丼を喰らうように。

 主に髪を切りに行くためだけにしか使わない都電荒川線ユーザーなんですが、終点の少し前にある「荒川区役所前」から徒歩10分くらいのところに「ハルピン」って中華料理屋があります。

 荒川区にはいわゆる町中華が多くて、デカ盛りで有名な光栄軒などもすぐそばにあったりします。どの店に入ってもテレビ番組「町中華でやろうぜ!」に出たとか「孤独のグルメ」に出たとかそういう話題の掲示がチラホラあるのに、ここハルピンだけは何もなし。

 さきほど話した光栄軒の影に隠れてしまい、いまいち知名度も高くなく、ありふれた名前のせいで検索性もイマイチ……という渋いお店なのですが、いざ入ってみると豊富なメニューがすごい。メニュー表に番号が振ってあるのだけど、確か100番を越えていた気がする。

 唐揚げを一皿頼めばデカ目のが15個くらいボンと載ってくるし、五目チャーハンは彩りが綺麗。餃子は癖のないトラディショナルな餃子だし、天津丼はしょっぱいタイプ。そしてなぜかカツ丼がめちゃくちゃうまい。ソース焼きそばも美味しい。あれ、中華料理ってなんだろう。

 そしていつしか私は、行列の光栄軒をスルーしてハルピンに向かうように。

 いつのころからか、背中の方から聞こえる「焼肉丼を1つ」なんて声が気になりはじめました。焼肉丼ってなんだ?と思いながら、メニューを眺めていても写真なんかないし、よく見ると「カレー」と「カレー丼」がある。

 謎のメニューに惹かれて先日、久しぶりにハルピンへ行った際に注文してみました。

 焼肉丼は、豚肉と野菜を炒めたものをご飯の上に載せたものでした。

 食べてみるとめちゃくちゃうまい。ずっと続く中華料理屋ならでは(?)の甘辛い濃いめの味付けは「コレずっと味変わらないんだろうな」としみじみする旨さ。そしてこの野菜、肉、米が混ざりあって美味しい感じ、戦車と荷物と兵士のハーモニーに似ている。食べているとなんだか戦車が作りたくなってきました。

 ずっと変わらない良さがある戦車といえばタミヤのⅡ号戦車。今まで作ったことがなかったので買ってみました。

 安いのはもちろんですが、兵士たちも3Dスキャン全盛の今、こうして見てみるととってもクラシックでかっこいいです。最新に対して少し古いだけだと微妙な気持ちになりますが、とっても古いと熟成された魅力があるんですね。変わらぬ旨さの焼肉丼(確か850円)にプラスワンコインで買える、変わらぬかっこよさのⅡ号戦車。

 一気食いにて楽しませていただければと思います。

■ハルピン
〒116-0002 東京都荒川区荒川3丁目32-8 山岸ビル
電話: 03-3801-8925
定休日:火曜日
https://goo.gl/maps/FkcqZsnBJLZog2Cu8

クリスチ
クリスチ

1987年生まれ。デザインやったり広報やったり、店長やったりして、今は普通のサラリーマン。革靴や時計など、細かく手の込んだモノが好き。部屋に模型がなんとなく飾ってある生活を日々楽しんでいます。
Re:11colorsというブログもやっています。