米英独の魚雷艇 12隻が詰まった「ピットロード 高速魚雷艇」は海の宝石箱や〜。

▲高速魚雷艇を爆走させようぜ!!
▲ピットロードの艦船模型「スカイウェーブシリーズ」の登場だぜ! 面白い艦船模型を多数発売しているメーカーです

 魚雷艇。その名の通り魚雷を搭載した船で、40ノット(大体時速70km)の高速で敵艦に近付いて魚雷を発射!!。一撃必殺です。今回はそんな高速魚雷艇を楽しめるプラモ、「ピットロード 1/700 スカイウェーブシリーズ 高速魚雷艇」をご紹介します。ピットロードは神奈川県川崎市にある模型メーカー。艦船模型や飛行機模型などスケールモデルを中心にプラモを展開しています。

 このキットですが、各国の魚雷艇がワンパッケージたくさん詰まった模型です。アメリカ海軍 哨戒魚雷艇 PTボート、ドイツ海軍 高速魚雷艇 Sボート(S-100)、イギリス海軍 高速魚雷艇 ボスパー2型が各4隻(停泊姿勢×2、走行姿勢×2)と超盛り沢山です。その中からPTボートをピックアップしてみようと思います。

▲このキット最大の驚きは、とにかくいっぱい入っている事。このランナーが二枚入ってます。左からイギリスのボスパー、アメリカのPTボート、ドイツのSボートです。合計12隻も入ってるんです

 PTボートは有名人も結構乗っていてエピソードが多いです。JFK=ケネディ大統領が艇⻑を務めていて、日本の駆逐艦に体当たりされ沈没していたり、また、マッカーサーがフィリピンから脱出するとき にPTボートに乗り、PTボートとその乗組員に感動したのでPTボートの増産要望を出したといわれています。

▲結構古めのキットなんですが、精密感もばっちりです。 このキットでの注目は同じPTボートでも船体は二種類あるという事です

 では組んでみましょう。この大きさですと船体ですら指では持っていられないので、持ち手を準備! と言っても塗装とかに使うような持ち手とはちょっと違います。

▲缶スプレーのキャップに両面テープ→マスキングテープを裏返し(マスキングテープの糊がある面が上)で貼ります。この上に船体を貼り付け てから組み立てていきます
▲細かいパーツはこの上に出しておきましょう。マスキングテープに貼り付いた状態で細かいパーツを置いておけるので、パーツが行方不明になるのを防げます

 完成したら、既にnippperでは紹介済みの「なみいたくん」に乗せてみましょう。

 停泊状態ならこれでいいのですが、高速航行状態だと、やっぱ動きが欲しいですよね。これ、スマホの画面に航跡 を表示できて楽しめる方法があります!

 ngpgshimadaさんが販売されている素材「動く背景/海 gifアニメver」です!

 本来1/3000の艦船模型用なのですが、「1/700 疾走するPTボート」ならスマホで実に丁度良い大きさ。 gif版は現在の所無料です。これをスマホにダウンロードしてダウンロードしたgifを表示させつつPTボートを乗せてみましょう。

▲サイズがぴったりじゃないですか!

 これは静止画ですが、gifですから実際には航跡は動きますよ!。気になる方は是非「動く背景/海 gifアニメver」にアクセスしてダウンロードしてください。 組んだPTボートでさらに遊べますよ!

▲撮影してトリミングすればまさに海を走破するPTボート! スマホがPTボートを疾走させてくれます!

 12隻もの高速魚雷艇がワンパッケージに入っていて作り放題状態の本キット。停泊姿勢と走行姿勢があるので、シチュエーションを切り出して遊ぶこともできます!スマホで疾走させたり、大きな船に立ち向かって行ったり、港に停泊させたりと様々な遊びができますのでオススメですよ。

まいど!
まいど!

艦船・航空機・AFV・自動車・キャラクターなどジャンル問わず楽しんでます。モデルアート社各誌でも活動中。