汝、F-4を愛せよ。『モデルアート2021年1月号』はファントムIIが大集合!

 モデルアート最新号ですよみなさん。B’zのあの歌は25年前(えっ!)ですが、F-4ファントムIIは日本の空からついに引退のときが迫っております。そんななか、各社から力の入った新しいプラモがジャカジャカ発売されておりますのでそのへんをガバっと総覧し作り倒す内容。

 超うまいモデラーがハードコアなディテールアップとか実機の写真とにらめっこしたりして、「すっごいな〜」という特集があったりもするモデルアートですが、今回はなんか勢いが違う!

 nippperはこういうのが好きだ……。じっくり作るのもいいけど、新キットがもりもり出ているいまはズババと作って「なるほど、おかわり!」となったほうがいっぱい食べられそうな気がします。作業工程をどう切り分ければ4日で終わるのかがわかると、8日かけて作るときも、2日で作っちゃうときも、時間をかけたいところやハショりたいところが自分のなかでクリアーになりますよ。

 ファインモールドや造形村のピチピチニューキットを紹介する作例あり、実機の写真もスペシャルマーキングの表現方法もドバッチリの巻頭特集、見ていると必ずファントムIIが作りたくなる内容となっておりますので、ぜひ!

 そして!

▲誌上展覧会やるらしいぞ!今すぐ作って応募じゃ!

 コンテストではなく「誌上展示会」ということで、みんなでもりもり作って並べよう!という気楽に参加できるタイプのアレですから、みなさんも作るのです。

▲特集以外の作例では、モデラー界隈で話題沸騰(ちょっと沈静化してきた)、タミヤのキャンパスフレンズセットIIの塗装や……
▲本日nippperでも取り上げたタミヤMMの新キット、マーダーIの作例もあるぞ

 F-4ファントムII、とにかく色んなメーカーのいろんなプラモが選び放題の超傑作機ですし、日本でも実機を見られるところがある稀有な存在。海軍型も空軍型も長いのも短いのも偵察タイプも無人タイプもあるし何度作ってもかっちょいい飛行機です。ぜひぜひ今月のモデルアートを読んで、実際に手を動かして、誌上展示会に参加してみてください!ではでは〜。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。