「ガンプラウェザリング作戦」ミッションコンプリート!!!俺のガンキャノンは“歴戦”だ!!

▲俺のガンキャノンは歴戦だぞ!ワイルドだろ〜

 HGUCのガンキャノンを水性ホビーカラーを使用した塗装と、GSIクレオスのウェザリングカラーやガンダムマーカーなど、汚し塗装の定番マテリアルだけを使用して「歴戦」のモビルスーツに育ててきた本連載。遂に今回の締めの一手で完成です!前回の記事は下のリンクからどうぞ。

▲ウェザリングカラーの新色・ライトグレイッシュ を使用して砂や埃汚れを追加したぞ

 砂や埃の汚れを再現できる塗料を使用したことがある人で「なんだか白っぽくなってメリハリにかけるな〜」なんて思いをしたことあるかもしれません。でもそれは汚しがうまく行っている証拠!きちんとかっこいい砂汚れができている証拠です。その状態に締めの1手を加えるだけでいいんです!とても簡単です。

▲全体が白っぽくなってる状態。ここに1手加えます
そう!ブラウンやダークブルー系ディテールを引き締めてやるのです!!ウェザリングカラーとガンダムマーカーリアルタッチマーカーのブラウンを使います

 筋彫りやディテールに暗い系の色を流してやることで、各部がパキッとしてメリハリが生まれます。全部のディテールに流しちゃうと、ディテールにいい感じにのった砂汚れが上から消させれるので、あなたが「ここは際立たせたいぞ!」って部分だけ狙い撃ちして、暗い色をスッと流してあげましょう。僕は関節部やインテーク、深めになっているモールドなどに流してみました。

▲関節部は極力溶剤を流したくないので(割れにくいウェザリングカラーでも関節部は気をつけたいです)、リアルタッチマーカーでスミ入れ。さっとモールド部分をなぞって……
▲すぐ指で拭き取ります!ウェザリング仕上げなので、周りにぼんやりブラウンが残っても、それもいい感じなフィルター効果になりますよ!
▲モールドにスミが入り、周辺もぼんやりとブラウンになりました
▲胸のインテークにはウェザリングカラー フィルタ・リキッドとグランドブラウンを混ぜたダークブラウンでスミ入れ。ブルーを多めにしています。黒を流すよりも、より自然な影色になります
▲ダークブラウンやブラウンが各部に流れたことでメリハリが生まれました。これでウェザリングは完成です!
▲汚れ、傷、退色で歴戦のガンキャノン完成です!パーティングラインと目立つ合わせ目以外はペーパーがけをせず塗装しています
▲間も無く「V作戦」!!
▲コレクションって楽しいよね!!

 連載で紹介してきた、多くの模型量販店で手に入る定番のウェザリングマテリアルで、あなたのガンプラも歴戦のモビルスーツに育て上げることができます!マテリアルの性能がすごく良いので、今回紹介してきた記事の使用方法で誰でもいい感じにウェザリングが楽しめると思います!ガンプラはクリーンな仕上げも楽しいし、ウェザリング仕上げも楽しい!様々な製作方法で作ったガンプラを、あなたの机の上にどんどん並べちゃいましょう。プラモは作った後の景色も楽しいですよね。それでは、アディオス!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。