プラモをキレイに見せるなら、サテンの生地で躍らせよう!!

 ブログ、ツイッター、インスタなどなど……個人がプラモデルを発表する場がweb上に拡大しつつある現代。プラモデルと写真は切っても切れない関係になりましたね。nippperにおいても撮影の情景・小道具に関しての記事が定期的にアップされ続けており、ベランダで撮ってみたり、砂漠のプラモの上でプラモを撮ってみたり、文房具、芝などなど……様々な方法でプラモデルを飾る、魅せることを試みていますね。

 う~ん、意外と多い。しかし皆さん、おなかいっぱいかもしれませんが、胃って広がるんですよ。そんなわけで今回も撮影に関する記事。最近ブツ撮りが楽しくてしょうがないハイパーアジアがハマっているのがこちらのアイテムを使った撮影。

丸信商事 生地 サテン 無地 ポリエステル100% 約116cm幅×1mカットcol.42 ライトブルー 1000 手芸・ハンドメ...

丸信商事 生地 サテン 無地 ポリエステル100% 約116cm幅×1mカットcol.42 ライトブルー 1000 手芸・ハンドメ…

572円(09/30 22:07時点)
Amazon

 1m角のサテン生地です。こいつを使ってプラモデルを撮影するのが楽しいのです。サテンとは「朱子織り」という表面がツルツルスベスベになる織り方の総称で、シルクやナイロン、ポリエステルなどで織られます。そんなサテンの生地はブツ撮りする時に高級感を演出する小物としてもよく使われます。

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ 日本海軍駆逐艦 島風ちゃんです。

 薄目で見れば露出度の高い美少女に見えなくもないこの艦船プラモ。プラモデル撮影でよく利用される白背景ではちょびっと寂しいですね。

▲そこに現れたのはアマゾンから颯爽と着弾した、ライトブルーに輝くサテン生地。キラッ☆
▲おもむろにビニールから取り出し、ぐしゃっと置きます。グシャッ☆
▲少し波っぽく形をつけて……プラモをポンと置く……

 どうでしょう。まるで波にたゆたうような情景が出来上がるではありませんか!?よく見ると波が鬼の様に高い。でも島風ちゃんはプラモなので大丈夫。映えればよかろうなのです。女子高生がスタバの新作を写真に撮ってアップするのも、モデラーが古き良きモチーフのプラモデルをアップするのも本質的には同じです。「おいしい」と思ったものを「おいしそう」に見せる。写真を撮るとはそういうことです。

スイート 1/144 メッサーシュミット2箱分です。

 藤田幸久画伯の美少女パッケージにつられて2箱買ってしまいました。商売上手すぎる。そして渦を巻くようにして少し捻ったサテンの山の上に4機をポンと置きます。まるで気流の上を編隊飛行しているようだ!…よね?

▲ジャーン!ジャーン!ジャーン!げぇっ!ストームキャスト

 布自体がそこそこ厚いので意外とヘタリません。山にしたり谷にしたり、海にしたり川にしたり、いろんな表情をつけられます。

▲こちらはみんな大好きタミヤ 1/24 アルピーヌ ルノー A110 モンテカルロ 1971

 カーモデルとの相性も抜群!気流のように見えませんかね?見えるよね!(威圧)

▲クロスロードです!!(座布団1万枚)この疾走感よ!!

 プラモの撮影は大人のブンドドです。動かさないけどブンドドなのです。まさに「静のブンドド」(他にも「力のブンドド」「技のブンドド」等があります)。ぐしゃっとしたサテンでプラモを飾ることで、奥ゆきと高さ、そして動きまでも付加されるのでプラモデルの「立体感」「躍動感」が増します。平面の写真なのに、動いてないのに、です。プラモデル、単体でも味わい深いですが、他の物との関係性や組み合わせを見つけ、そこに差異を出すことで存在を強調させるのもまた楽しいのですね。これはnippperで繰り返し出てくる概念です。

 ざっと思いついただけでもメチャクチャ汎用性が高いことが発覚したサテン生地ですが、今回使用したライトブルーの他にも赤や黄色などいろんな色が販売されていますので、アイディア次第で様々な表現が可能になることでしょう。みなさんも軽率にサテン生地を使ってカメコになってみてください。ホントに楽しいので。ゲッターロボ(チェンゲ版)のマントとかにも使えそうじゃないですか?あ、ロボットのマントって何故か大体ボロボロだからダメかな?あ!チトセリウムの撮影にはものすごくマッチしそう!今度やろう!ムフフ……。

丸信商事 生地 サテン 無地 ポリエステル100% 約116cm幅×1mカットcol.42 ライトブルー 1000 手芸・ハンドメ...

丸信商事 生地 サテン 無地 ポリエステル100% 約116cm幅×1mカットcol.42 ライトブルー 1000 手芸・ハンドメ…

572円(09/30 22:07時点)
Amazon
ハイパーアジア
ハイパーアジア

1988年生まれ。茨城県在住の会社員。典型的な出戻りモデラー。オタクとプラモデルの関係性を哲学するのが趣味。noteではオタクによるオタクの為のプラモデル感想文を執筆中。