伝説のRCオフローダー、「アバンテ」が可愛くなって帰ってきた!

 もはや知らない人はいないでしょう。アバンテ4WD。タミヤのRCオフローダーとして究極の美しさと究極の走りを追求したバブル絶頂期の伝説マシン。ミニ四駆はその模型として爆発的なヒットとなり、世代を超えた人気を誇っています。

 とはいえ、アバンテというのは完璧なマシンではありませんでした。このへんの経緯はWikipediaがめちゃくちゃに面白いので絶対に読んでください。寝られなくなるし、どうやってもアバンテを手に入れたいという欲求から逃れられなくなるはずです。

アバンテ – Wikipedia

 安易な再販や復刻をしない、タミヤのレーシングバギーのなかでも特別すぎる存在として君臨するアバンテ。しかし、いまから9年前、弱点をすべて克服した状態で復刻されました。アバンテ(2011)と呼ばれるこのマシンもまた、恐ろしい人気を誇りました。

▲アバンテ(2011)は現在でも恐るべきプレミアム価格が付く超マシン!

 話は変わって、タミヤが一昨年から展開している「コミカルシリーズ」。80年代に発売されたRCバギーをデフォルメし、WR-02CBという寸詰まりで車高の高いシャーシに乗せたアラフォー〜アラフィフ感涙のマシンたち。乗っているフィギュアもすごくカワイイし、走りもキビキビコロコロと楽しいったらありゃしないのです。

 グラスホッパー、ホーネット、マイティフロッグと続いたこのシリーズの新作が発表されて、誰もが腰を抜かしました。ビッグウィッグでもホットショットでもなく、アバンテだったのですから!

 今作、コミカルアバンテはこれまでのWR-02CB(後輪駆動)ではなくGF-01CBシャーシ(4WD)を採用。このへんもアバンテはスペシャルな感じがして嬉しいぞ……。

▲一も二もなく、買いました。本当に最高。

 タミヤのRCカーは自分で組み立てることでその機能を身体で感じることができるのが美点なのですが、今回は組む時間も惜しかったのでXB(エキスパートビルド、タミヤの工員さんが気合を入れて組み立てと塗装を終わらせてくれている上にすげー安いという神仕様)を購入。ハコから出せばすぐ走る、レディトゥランな状態なのがすっばらしい。

 「なんだよ、nippperって手を動かす人のためのメディアじゃないの?吊るしのラジコン買ってきて終わり?」と思う人もいるかもしれませんが、タミヤのRCは自分でカスタマイズできるからいいんだぜ……。

▲まずは走りを変えるセッティング。もちろんオプションパーツで改造もできちゃう。
▲お、なんかランナーが入ってますね。
▲さらに別売りのLEDによる電飾もバッチリサポート。ナイトランもできちゃう。

 買ったあとでもバラしたりパーツ変えたりデコレーションしたりと楽しい要素が満載で、説明書を眺めながら(完成したモデルを買ったのに!)ニヤニヤが止まりません。助けて!

▲ウイリーしてもOKなスキッドが後ろに突き出していますね。ホイールの色も元祖の韻を踏んでいて泣ける!

 ということで、コミカルな姿になって、誰もが買って即座に楽しめるマシンと化したアバンテがめっちゃいいぞ!という話でした。複数人で買えばイコールコンディションで戦えますから、どしどし仲間を増やすこととします。

 みなさんも、ぜひ!

モデル/後藤あゆみ

<em><a href="/author/kalapattar/">からぱた<br></a></em><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/kalapattar" target="_blank">@kalapattar</a>
からぱた
@kalapattar

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。