透明シールは「お水と中性洗剤」でスイスイ貼ろう! MODEROID ツェンドルグ/ツェンドリンブル

▲成型色+シルバーのみ銀塗料を塗装だけでもこのかっこよさ!! MODEROIDの部分塗装仕上げはとっても楽しいよ

 「MODEROID ツェンドルグ/ツェンドリンブル」には、多数のマーキングを表現できる透明シールが付属します。このメカの魅力を引き上げてくれる甲冑の飾りのような紋様を施すことができるのですが、細い線や細かいシールが多いのです。こんな時「お水&中性洗剤」があればスイスイと貼ることができます。

▲こちらが透明シール。紙製のシールよりも模型に馴染むので、マーキング表現によく採用されています

 模型に付属する透明シール全般に言えるのが、粘着力がしっかりしていること。しっかりと貼れないと困りますからね。しかし、これによって位置調整が難しくなっています。またマーキングを表現するので、細いラインや細かい表記系のシールが多いので、より取り扱いが難しくなっています。ゴリラフミテシは、水&中性洗剤を使うまで本当に苦戦していました。

▲エアコンの風でプルプルする〜〜。静電気で変な場所にシールが貼り付く〜〜〜。一回くっつくとシールが綺麗に剥がれない〜〜〜

 まじでイライラしていました。右側は成功しても、左側は失敗みたいなこと繰り返してきました。ゴリラだからね。

▲文明に頼るのが模型がカッコよくなる近道。水を入れたトレイと、中性洗剤を用意!!
▲ほんの1滴、目薬をさす感覚でOK。入れすぎるとトロトロのぬるぬるになってシールが貼れなくなりますよ

 水だけでもかなりコントロールしやすくなるので、中性洗剤を1滴入れると、よりシールを滑らせることができるのと、諸説では静電気を抑えることができるようです。すごいですね〜〜なんででしょうね〜〜わかりませんね〜〜。でも「シールが貼りやすくなる!!」という真実は変わらないので、やっていきましょう。

▲透明シールのしゃぶしゃぶです。さっと粘着面に水をつけます
▲水のおかげで重量が出るのでシールがピシッとします。その状態で貼りたい場所に狙いを定められます
▲水が粘着面の上にあるので、水がなくなるまではシールの位置を微調整可能。このくらいでの水ではシールの粘着力は落ちませんぜ
▲位置が決まったら、シールの中のお水を外に追い出すように綿棒を動かします。そうするとシールがピタ〜っと密着しますよ

 この方法を知ってからというもの、透明シールを貼るのが楽しくなって好きになりました。成型色を活かして楽しむ時、僕は積極的に透明シールを使います。透明シールの扱いに悩んでいるあなた、ぜひこの方法を真似してガンガン貼ってみてください! それでは、またね〜〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。