プラモがくれる最高のご褒美!!「鎌倉時代の鎧武者」でいざ、伊豆の国市!!!

 PLAMAX鎌倉時代の鎧武者を作ったことでさらに鎌倉時代に興味が湧いたフミテシ。もっと鎌倉時代のこと、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の景色をこの目で見たくなり、源頼朝&北条ファミリーにとっての歴史の出発地、静岡県伊豆の国市へ行ってきました! プラモが背中を押してくれた「鎌倉時代の鎧武者ツアー」でございます!!

▲プラモデルは僕たちにとっても素敵な景色を見せてくれますよね!

 プラモをきっかけに素敵な映画やアニメ、漫画に触れる機会。このような事ってよりプラモが楽しくなる最高のループですよね。僕にとっては、そのようなループに「旅」があります。机の上のプラモが、僕を旅にも連れて行ってくれます。机で楽しんだ記憶が旅先で爆発すると、それはもう楽しくてしょうがないのです。プラモって最高だな~って思うんですよ。

▲旅ではその地で味わえる美味もあります。これもプラモを作ってこの地に来たから味わえるもの。伊豆の国市に行く前に寄った三島の鰻です

 ロードトゥー鎌倉とも言える出発地である伊豆の国市は、とってものどかな場所。源頼朝が流された場所としても納得です。この景色を見ると、ここから挙兵して絶対に負けられない戦いを繰り返し、鎌倉に幕府を開いちゃったなんて、マジで信じられません……。鎌倉と言う「結果」の風景には無いスペクタクルさが僕をワクワクさせてくれました!!
 そして今まであんまり好きじゃなかった北条氏に対しても、この景色を見たことで「よく頼朝を支えたもんです……あんたら凄い決断をしたよ」と勝手に感動するフミテシなのでした。

▲韮山駅を降りてすぐにある韮山時代劇場。現在大河ドラマ館があり、ドラマで使用された衣装などを見ることができます。韮山は世界遺産の反射炉もありますよ
▲頼朝流刑の地とされている「蛭ヶ小島」。現在は公園になっています。そこから見た景色がこちら。ここから打倒平家として挙兵する頼朝や北条氏の鬼のメンタリティ……すごい

 また旅は思いもかけない出会いをもたらせてくれます。鎌倉幕府初代執権・北条時政が建立したとされる「願成就院」に、運慶(平安時代末期から鎌倉時代初期に大活躍するスーパー仏師)作とされるとてつもなく美しい仏像が5体もあったのです。運慶が35歳くらいに作った作品とのことで、国宝にもなっています。毘沙門天の美しさに「どうやって整形してるの……まじでわからない」とモデラー視点が爆発してしまいました。

▲伊豆の国市に行ったら絶対に行って欲しい願成就院。寺宝の運慶作、国宝五軀の仏像群は心にぶっ刺さること間違い無し!!
▲ドラマで新垣結衣さんが演じた八重姫を祀るお堂。中にはファンの人が描いたであろう八重姫姿の新垣結衣さんのイラストも奉納されています。ドラマをきっかけにイメージが更新され、次の世代の人に八重姫の伝承が伝わっていくんですね
▲ドラマの主人公・北条義時の館跡は、現地の人の憩いの場所として公園になっていました。テニスコートも併設されていて、皆さん楽しそうにテニスをしていたのでした

 鎌倉時代の鎧武者が僕をどんどん鎌倉時代の景色へと連れて行ってくれます。知識として知っていたものが現地を訪れたことでより固まる瞬間、まったく知らないものに出会えた時の高揚感は僕にとっての最高のご褒美なのです。

 僕にとってのご褒美は旅ですが、模型を楽しむ人の数だけそれぞれのご褒美があると思います。プラモで写真が好きになった、プラモで映画やアニメが好きになった……実は意識してなくても自然とご褒美をもらっているかもしれません。ふと立ち止まって自分がプラモで何を楽しいと思っているのかを見直してみると、さらにプラモが僕たちの人生を彩る最高の趣味になってくれると思います!! ぜひあなただけの最高のプラモのライフを楽しんでください。

▲鎌倉幕府第2代将軍・源頼家の幽閉された場所としても有名な伊豆の修善寺にある「修禅寺」。温泉地として多くの人が訪れます
▲旅の思い出を整理するには居酒屋が必要です。この瞬間が僕にとっての最高のご褒美なのかもしれません
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。