シタデルカラー「新コントラスト」全部開けます!!/一撃発色!!驚異のマゼンタ「ドゥームファイア・マゼンタ」

▲シタデルカラーコントラストの赤系塗料は超パワフルな染ヂカラ!!

 無臭で、水と筆があれば塗装が楽しめる水性塗料「シタデルカラー」。その中には、塗装が苦手な人でも色を塗る楽しみをすぐに体感できる、「コントラスト」という素敵な塗料があります。このコントラストに、この夏追加された「27色」を、フミテシが1本ずつレビューしていく連載です。
 今回は色名に「マゼンタ」というキーワードが入っている「ドゥームファイア・マゼンタ」。色味を想像しやすいですね。しかもファイアなんて言葉も入っているので、いろいろ思いが巡ります。さぁ、どんな色になるのか早速使っていきましょう!!!

▲蓋を開けると、目が痛くなるほどとっても鮮やか!! どんな発色をするのでしょうか?

 「コントラスト」は、白い下地を塗った上から塗ることで、模型の凹凸に沿って自然に塗料が流れていき、グラデーションのように染め上がります。バシャバシャと染めるだけなので、塗装が苦手な人でも筆とコントラストがあれば、楽しく塗装デビューできます。

▲お! ちょっとトロミがありますね。これは染まる力が強いと思われます

 コントラストの特徴として、色によって染まる力が異なります。染まる力を判別するのに役に立つのが「塗料のとろみ」です。このとろみが強い系のコントラストは、染まる力も強い傾向にあります。今回の「ドゥームファイア・マゼンタ」は通常のコントラストのよりもとろみがあります。これは下地をかなり隠ぺいして強く染まる系だと予測されます。

▲一撃でマゼンタが発色だ~~~~!!! 強いぜ!!

 赤に近い、超鮮やかなマゼンタが一撃で発色しました。染めるよりも塗る感覚に近いです。しかしコントラストの流動性の高さは失われていないので、しっかりと細かいモールドの中にも塗料が流れ込んでいきます。そのため、このような鮮やかな色も筆ムラ少なく染め上げることできます。

▲ディテール部分には塗料がたまるので、自然な明暗が生まれます
▲左がドゥームファイア・マゼンタ。右がバール・レッド。赤系の塗料でもこのような微妙な色味の違いをセレクトできるほど、コントラストの赤色のレンジは広がっています

 コントラストの赤系は総じて染まる力が強いです。この強みを活かせば、赤の基本塗装を筆塗りで綺麗に纏わせることができます。一度塗りでも写真のようになるので、完全に乾いてからもう一度染めれば、よりはっきりと発色させることも可能です。ぜひこのドゥームファイア・マゼンタをきっかけに、シタデルカラーコントラストの力持ちである赤系塗料を使ってください! きれいに赤に染まってとても楽しいですよ!! それでは、次の色でお会いしましょう。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。