シタデルカラー「新コントラスト」全部開けます!!/とっても便利な黄緑塗料「ガットリッパフレッシュ」

▲フレッシュと言うことは、肌の色てことかな? 緑色の肌……まさにファンタジー作品の色だぜ!!

 無臭で、水と筆があれば塗装が楽しめる水性塗料「シタデルカラー」。その中には、塗装が苦手な人でも色を塗る楽しみをすぐに体感できる、「コントラスト」という素敵な塗料があります。このコントラストに、この夏追加された「27色」を、フミテシが1本ずつレビューしていく連載です。
 今回はまさに『ウォーハンマー』のようなファンタジー世界にぴったりの「緑の肌色」をイメージしたカラー「ガットリッパ・フレッシュ」をご紹介します。こちらはクルールボウイという湿地や沼地に住む残忍なオールクたちの肌色。実際に塗ってみるとどうなるのでしょうか? レッツトライ!!

▲鮮やかな緑ではないですね……ちょっと黄色が強い緑に感じます
▲この塗料は、容器の中の塗料の色とほとんど変わりませんね! コントラストは塗ってみないと色味がどう出るか分からないという弱点があります。だからこそ、この連載があるんですね~

 「コントラスト」は、白い下地を塗った上から塗ることで、模型の凹凸に沿って自然に塗料が流れていき、グラデーションのように染め上がります。バシャバシャと染めるだけなので、塗装が苦手な人でも筆とコントラストがあれば、楽しく塗装デビューできます。
 ガットリッパ・フレッシュを塗ると、染まる力は弱くもなく強くもなくで、とってもニュートラル。一度染めだと白の下地が活きた雰囲気になり、2回染めてみるとかなりカエルのような色に染まります。そのため染まり具合のコントロールはとってもやりやすいです。トーンが落ちた緑になるので、緑系のメカやモチーフのスミ入れやフィルタリングにも良いと思います。

▲こちら1度染めした状態。ディテールの深い所にはしっかりと塗料が定着して染まります。スミ入れに特化して使用すれば、このくらいの色を影色として利用できます
▲左の蛍光色のような緑「ヘックスレイス・フレイム」と比べると、ガットリッパ・フレッシュはこれだけ落ち着いた緑です

 この緑であれがゴブリンやオールクのようなファンタジー系のモチーフの肌を塗るのはとっても楽しいと思います。兵隊フィギュアで言えば、アメリカ兵タンカースジャケットのカーキの上からフィルタリングに薄く纏わせると、アメリカ戦車のオリーブドラブと相まってかっこよくなりそうです。黄色味のある緑は様々な模型に一味アクセントをつけられる面白い色なで、ぜひ試してください!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。