水性アクリル塗料筆塗りのはみ出しは「アルカリ電解水」にお任せ!!

▲落ち落ちV!!! 今回の主役・アルカリ電解水!!!

 nippperでも紹介された「マジックリン」による水性アクリル塗料の拭き取り方法。こちら同様なことが、「アルカリ電解水」でも可能です! こちらのメリットは洗剤のようなヌルヌル感が無いので、拭き取った後の処理が楽なこと。僕は使いきったうすめ液のボトルに、アルカリ電解水の詰め替え用を入れて使用しています。こちらの技法は以下のような時にとっても有効的です。
 1/メイン塗装をラッカー塗料で、細部を水性アクリルで塗る。
 2/凸ディテール(袖付きのモビルスーツのガンプラなど)の色で、一旦パーツ全体をラッカー塗料で塗る。その上から周辺の色を水性アクリルで塗る。その後にアルカリ電解水を染み込ませた綿棒で凸部分の塗料だけを拭き取って落とす。塗り分け完了!!
 3/成型色仕上げにおける細部塗装のはみ出しの拭き取りには最高!!
 全て水性アクリル塗料で塗っていると、はみ出した以外の色も落としてしまうので注意してください。

▲水性アクリル塗料(こちらはシタデルカラー)でガンプラの細部を気を付けて塗っていても~
▲こうやってはみ出してしまうことありますよね……でも大丈夫!!
▲ボトルに入れて置けば、使いたい時にすぐ使えます。綿棒にアルカリ電解水を含ませます
▲はみ出し部分がみるみる綺麗に落ちていきます!!
▲簡単に綺麗になりました!!! これができるなら、もうはみ出すことも怖くないですね
▲指紋のトラブルも解決です!!! 
▲ここシルバーじゃない方がいいな~とか、塗り間違えたな~って時もアルカリ電解水を染み込ませた綿棒で擦れば、簡単に落とせます
▲はみ出しなく、綺麗に塗り分けることができますよ!!

 エナメル塗料でスミ入れして、はみ出た塗料をエナメル溶剤で拭き取るのと同じような感覚で修正作業ができます。はみ出しが修正できるぞ! と分かるだけで、筆塗りのハードルってどんどん下がると思います。ガンプラの細部塗装に「水性塗料+アルカリ電解水拭き取り」を採用すれば、大変だったマスキングともおさらばできるシーンが増えると思います。ぜひやってみてください!!

<a href="/author/furituku/">ふりつく</a>
ふりつく

1989年生まれ。模型ホビーを愛してやまない雑食ライター。ステイホーム期間をきっかけにラジコンカーにはまり気味。