釣具屋さんにある飛行機プラモのアシスト王!!機動停止「ガン玉」!!!

▲WAO!!! おもりマークだ!!! 飛行機模型の超要注意マークだよ!!! 助けて~~。あ、あなたは……
▲機動停止ガン玉!!!! 時間よ、とまれ

 飛行機の実機なら、中に詰まったメカでバランスが取れるのでしょうが、プラスチックの飛行機模型に置き換わるとそうはいかずに、後ろ側が重くて尻もちをついてしまう……そんな危険を知らせてくれるのがこの「オモリマーク」です。しかもたいてい「オモリ部品は入っていません!」という強気な文字。初めて出会ったら「え?」ってなる激アツポイントです。そんな時はみんなで釣具屋さんへGO!!!

▲ガン玉は主に釣りのオモリとして使用されます。切れ込みに糸を通して挟み込んでシメます

 一度使いやすいオモリを見つけてしまえば、飛行機模型のオモリマークが登場しても、なんも怖くないです。最近では釣り具を扱う100円ショップも増えたので、そういった場所でもオモリを購入することができます。
 しかし! ぜひ近くに釣り具店がある人は行って見てください。様々なオモリがあって、めちゃくちゃ楽しいですよ。お隣の趣味の世界を覗けるきっかけにもなるので、ぜひ!!!。僕が買ったガン玉は御覧のように1パッケージ内に、様々なサイズ(重さ)があります。飛行機の中に仕込みやすいのでオススメですよ。

▲ちょうど説明書に指定されている2gのガン玉がありました。おいてみるとピッタリ。あとは瞬間接着剤で固定してあげればOKです!!

 オモリ入れるのめんどくせ~って思っていましたが、ガン玉の詰め合わせを買ってからはちょっとしたお楽しみとして捉えることができています。プラモの箱の中に入っていないものを使う「改造」の初歩と言った感じ。
 また誰にも言わなければ、作った本人と飛行機模型だけが共有している秘密でもあります。ガン玉でピタッと飛行機を止めて、オモリにあなたの楽しい思いを込めてください。またね~~。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。