タミヤのペイントリムーバーはメッキも落とせる? メッキ落としに初挑戦してみます!!

▲このペイントリムーバー、メッキも落とせるらしいですよ。ゴリラなオイラにできるかな?

 メッキ、落としたことないです。キラキラかっこいいし、むしろメッキプラモ買うの好き。でもテクとして体感してみたいので、今回「タミヤ ペイントリムーバー」で初挑戦してみます。こちらのペイントリムーバー、以前の記事では水性塗料をきれいさっぱり落としてくれた、とってもナイスなマテリアルです。商品説明にもうひとつ「メッキも落とせます」と書いてありましたので、ちょっくら実験してみます。メッキパーツを1時間ほど漬けこんでおけばいいみたいです。

▲塗装を落としている様子はこちらをどうぞ。

 メッキ落としをする前に、僕も一応調べてみました。クリアー層のなんちゃらかんちゃら(メッキパーツの上にクリアー塗装されている物があり、このようなパーツは綿棒などにうすめ液を含ませてパーツ表面を拭き取り、クリアー層を除去する必要があるそうです)、パーツの劣化、その後の磨き………。

▲ザブ~。大丈夫でしょう。たぶん!

 時は来た!! 1時間後……

▲お? パーツにはまだメッキが残っているけれど、ランナー(パーツが収まっている枠のこと)のメッキは落ちてきていますね!

 メッキはプラモごとによって強度が異なるらしいです。これはアオシマのゴリラ。ゴリラ漬けです。1時間では落とせませんでしたが、確実にメッキは落ちてきているので、もう少し様子を見たいと思います。そんな時はお昼寝がいちばんですね。おやすみなさい~。

▲うさぎとかめ!!! ペイントリムーバー猛ダッシュ!! 起きて見たらこんな状態。時計を見ると、漬け込んでから3時間経っていました
▲そ~っと持ち上げてみると、パーツは脆くなっていないし、メッキはすみっこぐらし状態。液に戻して、使い古しの歯ブラシで磨いてみます
▲落ちた~~。パーツ表面もしっとりしていて、べたべたしたりもしません

 メッキ落としってこんなに簡単なの? 漬け込んで待っているだけなら、俺にもできる! タミヤのペイントリムーバーは匂いもマイルドでした。3時間も漬け込んでいたのにパーツの劣化も感じません。1時間は目安であって、キットに施されたメッキによって変化すると思います。まぁこういう作業はいじらないでじっくり待つのが、ギャルの鉄則ってもんです(何のアニメだっけ?)。タミヤのペイントリムーバーは250mlという容量なので、僕みたいに雑にランナーごとタッパーにドボンすると一気になくなるので、ランナーを細かくカットして、深さが出せる大きめのジャムビンみたいなものに漬けると良いと思います。メッキを落としたし、ゴリラを塗ってみよう~っと。それでは、またね~~。

▲塩素系漂白剤を使用したスーパーテクはこちら!! 最高にライブ感あふれる楽しい記事をどうぞ!!
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。