最強水性塗料シタデルカラーがさらに塗りやすくなる「リターダー」はこれだ!!!ハイディテール箇所の筆塗りも怖くない!!

▲兵隊さんの服のシワや、フィギュアの髪の毛とかって奥まった部分が多くてついつい厚塗りになってしまいます……でもそんな日々共もうおさらば!! あばよ!!!

 細かいディテールや奥まった箇所などは、筆が入りきらなかったり、塗料の伸びが限界で塗りきれなかったりと、僕らの筆塗りをいつも悩ませる存在。あの最強の水性塗料「シタデルカラー」でも苦戦したりします。もっと塗料の伸びを良くできて、かつしっかりと定着させることができる方法なんてないものか……そんな悩みを同じシタデルカラーの染め塗り用塗料「シタデル コントラスト」が解決してくれるのでした!! このシタデルコントラストこそ、シタデルカラーにおける最高のリターダーです。

▲コントラストに関してはこちらの記事を読んでみてね
▲髪の毛をしっかり塗りたいと思い、ちょっと濃いめの塗料で強引に筆塗り……奥まった部分までこのまま塗っていくと超厚塗りになりそうです

 上の写真、軽く水でシタデルカラーの黄色を伸ばして塗ったものです。発色は良いのですが、どうしても奥まった部分に塗料が流れていきません。そこで登場するのがシタデルコントラストなのです。

▲同じような色をセレクトします。少量であればそこまで劇的に色が変わることはありません
▲ベースの黄色にシタデルコントラストの黄色を混ぜます。少量混ぜた瞬間、滑らかに塗料が溶けていきます

 シタデルカラーは水で薄めることで流動性は高まりますが、その分定着力は落ちてしまうので、プラに弾かれたりします。その点コントラストは塗料ですので、シタデルカラーの定着力にそこまで影響を及ぼすことなく伸びの良い塗料としてくれます。濃度は落ちるので1撃での発色力は低下します。その分しっかりと薄く塗り重ねることができるようになるので、塗面は筆塗りとは思えないほど滑らかになります。

▲さ〜っと1度塗り。奥まった部分にも塗料が流れています。またプラ地に弾かれていません
▲完全に乾かした後(乾く時間は長くなるので、ドライヤーを使うと良いです)、もう一度塗り重ね。めちゃくちゃ滑らかに髪を塗り上げることができました
▲ここにシェイドを流せばさらにカッコよくなります! 使用したのはカサンドラ・イエロー
▲まもなく超サイヤ人!!!

 もしベースに使用するシタデルカラーの色味をほとんど変えたくない! またはコントラストの色を見て同系色がなんだかわからないって人にはこちらがおすすめ! コントラストメディウムです。こちらはコントラストカラーをしっかりと定着させるものですが、これもシタデルカラーに混ぜると、伸びが大幅アップします。

▲使い方は同じ。シタデルカラーに少量のコントラストメディウムを混ぜるだけ
▲全体のディテールにしっかりと流れ込んでいきます。乾いたらもう一度塗り重ねます
▲2回塗りでこんなにしっかりと黄色を塗ることができました!

 お気づきの方もいるかもしれませんが、あえて今回黄色を使用しています。黄色は様々な塗料の中でも鬼門とされていて、綺麗に塗り上げるのが難しいとされています(以下のリンク記事に詳しく書いてあります)。シタデルカラーでもコントロールが難しい黄色ですが、コントラストがリターダーがわりとなってくれて伸びがさらに良くなり、綺麗に塗ることができました。元々塗りやすい赤や青、黒などで同じ方法をするればさらに綺麗に塗れると思います。まずはコントラストメディウム1本を使って試してみてください。その後に色がついたコントラスカラーをクリアーカラーを混ぜるような感覚で使用してみると色味の変化なども加えることができて、もう一段階違う楽しみが味わえると思います。それでは〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。