今日は使ったことのないマテリアルを積極的に使う日/ハセガワのコルセアIIを塗るあれこれ!

 箱絵が最高にカッコよくて買ったハセガワのコルセア2です。買ってからずーっと何色で塗るか悩んでいたんですが、紆余曲折の初志貫徹で、白とグレーを基調とした箱絵と同じカラーリングで塗ることにしました。

 ランナー3枚だけだから組み立ても余裕でしょ~とタカをくくっていたんですが、ミサイルや開いたハッチがかなり多くて、しかもその接着が「面」では無く「線や点」なのでなかなかに苦戦しました。大食いチャレンジのラストスパートで苦しいフードファイターの気持ちが今ならわかる。マンネリな作業に味変を取り入れたい……。

 そこで、失敗してもよいから、今まで使ったことの無いマテリアルを使って「経験値を増やす」というモチベーションを足掛かりに製作を続行することとしました。

 時に飛行機のキャノピーの塗り分けですが、超絶便利な専用のマスキングテープが売られていたりするのでそれを買えば楽ちんです。しかし、敢えて、今までやったことのないマスキングゾルを使ったマスキングにチャレンジする事としました。使用したのはGSIクレオス Mr.マスキングゾル改です。

▲色が綺麗!!

 乾くとこんな色になるんですね。粘度が高くて表面張力が効くので、ゾルがフチで止まり、はみ出さずに塗るのが思ったより簡単でした。やってみるもんですね。あと、マスキングテープをデザインナイフでカットする方法に比べれば、パーツを傷つけるリスクが無いのもよろしいです。デメリットといえば、乾燥前の塗ったパーツを落とすとベチャッとなって大変ということぐらいでしょうか(2回やりました)。塗装後の仕上がりが楽しみです。

 楽しくなってきましたよ。今度は使ったことのなかった、ガイアノーツのサーフェイサーEVO「スカイブルー」を下地塗装として使ってみることにしました。

▲色が綺麗!!

 思ったより真っ青。しかし眼福です。ゾルだろうがサフだろうが、やっぱり色が着くと楽しいですね。制作途中でいろんな色に変化していくというのもオツなものです。そしていよいよ、サフの上からラッカーのMr.カラーをエアブラシで本塗装してみます。

▲青色が透ける……それが、逆に綺麗だと思いました。

 これは最初から薄々分かっていたんですが、案の定、青色はホワイトで隠蔽しきれませんでした。(グレーはそこそこ隠蔽してます。)しかし、エアブラシで届きにくい入り組んだところ(私を苦しめたミサイル密集地帯)にブルーが残って、なんとも儚げな色になっているではありませんか。昨日の敵は今日の友です。

 さて、これから細部の塗装とデカールの貼り付けに入っていきますが、あとは最後までハイ・テンションで駆け抜けられそうです。手癖でやっつけるのではなく、また新しい未体験メソッドを取り入れながら作ってもいいですね。その道程でも、新たな発見があるかもしれませんから。

▲そうそう、新たな発見といえば、クレオスのMr.マスキングゾル改にはもともとハケが付属していますが、同社より発売の、接着剤用筆に交換すると筆が小さくなって塗り分けが容易になりました。
▲それに乾燥後はとても綺麗なクリアブルーになるので、キャノピーの塗装に採用することにしました。これはこれでいいでしょう。
ハイパーアジア
ハイパーアジア

1988年生まれ。茨城県在住の会社員。典型的な出戻りモデラー。おたくなパロディと麻雀と70’sソウルが大好き。