1974→2008。戦車プラモのアップデート理論をタミヤの目を借りて知ることができるプラモ「イタリア中戦車 M13/40 カーロ・アルマート」。

▲タミヤMMの中には過去のアイテムがナイスなアップデートを遂げてBuono!(ボーノ)なプラモになっているものがあるんです!

タミヤとイタリアの模型メーカー「イタレリ」のコラボレーションプラモが、タミヤの戦車模型の新作として発売となりました!「1/35 セモベンテ M42 da75/34 ドイツ軍仕様」です。イタリア軍の自走砲をドイツ軍が運用した様を表現しています。nippperでも内藤あんもアニキがこのプラモのベースとなったイタレリのキットを紹介してくれました。そちらの記事も読んでみてね。

▲第二次大戦中にイタリア軍が運用した兵器の中でも、M13/40中戦車をベースに作られた自走砲、セモベンテM40 da75/18。この自走砲をさらに改良・発展させたのが今回発売となった「M42 da75/34」。長砲身の34口径75mm砲でパワーアップ!!
▲こちらがベースキットになったイタレリのセモベンテM40 da75/18をご紹介した記事。内藤あんもアニキの的確な解説でプラモが作りたくなりますよ〜

で、今回ご紹介するのがこの「セモベンテ M42 da75/34」と一緒にコレクションしたいイタリア〜な戦車「1/35 イタリア中戦車 M13/40 カーロ・アルマート」です。なんとこのキット、1974年に発売されたタミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズ(以下MM、タミヤの戦車模型シリーズの名前です)初のイタリア戦車なんです! めっちゃ古いじゃん! と思うかもしれませんが、この様な古いキットをタミヤはアップデートしてラインナップにもう一度加えたりもしてくれます。レジェンドプラモを安心して楽しめるまさにアップデートver.。それがシリーズNo.296の「M13/40 カーロ・アルマート」なんです。

▲左が2008年に登場したNo.296の伊達アニキ。右が1974年からカーロ・アルマートに乗っているアニキ。柔らかい造形が年代を感じてベネ
▲こちらが1974年のカーロ・アルマートのプラモのパーツ。車体や砲塔など、主要な部分はほとんどそのまま使用します。それでアップデートできるのかな?
▲こちらがアップデートされた新規パーツ。履帯やよりシャープになった細部ディテールパーツがセットされます。さらに純正のエッチングパーツまで入りますよ〜
▲1974年から愛される砲塔でございます。リベットもしっかり入っていてめっちゃかっこいいパーツです
▲アップデートパーツは現在のMMのパーツクオリティーです。ドライブスプロケットのリベットの美しさ、プラ製履帯のシャープさは絶品であります
▲健康志向な現代に生み出された伊達アニキが2体。そして木の箱がついています
▲一番左のドライブスプロケット以外は1974年のパーツなんです。デカくて目立つ部分をきちんとセレクトしてアップデートしようという意図が見えてきます
▲シャープな履帯を巻いてしまったらもはや古臭さは感じません。戦車の命としての履帯の力を体感します
▲エッチングパーツの他に、金属砲身までついちゃう! まじで大サービスです
▲ジェリカンや社外装備品の精度を上げると一気に見映えが向上するということをダイレクトに教えてくれます。このプラモを組んでいくと戦車のディテールアップってこういうことをすると良いのかってことを体感できます
▲1974年と2008年の合流。2008年のランナーに付属する木の台に大先輩アニキを乗せてあげよう!
▲髭が似合う伊達アニキセカンド。この戦車兵のポーズとか佇まいの力の抜け方がすごく好き。服装もとてもかっこいいよ
▲全長14.3cmとコンパクトな戦車プラモだけど、「良い場所として活かすところ」と「ディテールアップするとさらに良くなる場所」というのをタミヤの視点で作りながら見ることができるので、とっても濃い味がする模型に仕上がっています

カーロ・アルマートの車体はのちに自走砲セモベンテのベースとして活用されるので、このプラモを作ることでイタリア車両の系譜を楽しむことができます。最新キットの1/35 セモベンテ M42 da75/34 ドイツ軍仕様がさらに楽しくなるかっこかわいい中戦車「カーロ・アルマート」をぜひご自宅にお迎えください。最後に、今回は全てiPhone12でうちの部屋のいろんな場所で撮影してみました。スマホでバシバシ撮影したものでも皆さん安心ですよ。こんな感じで撮影して、楽しかったプラモのことをぜひ寄稿してみてくださいね〜。それでは〜〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。