つけ麺は情景だ。日本橋「なな蓮」で支那そばを食う

 台風一過の昼間は昨日ずっと部屋にこもっていたせいか、足腰が硬くなっているのを感じてのスタート。というか、最近は週末は家でおとなしくしているからそのせいもありそう。えいっと気合を入れて外に出て新橋のタミヤプラモデルファクトリーへ。この日は親子連れがちょうど店から出て、ショウウィンドウを眺めたりしていた。何を買ったのだろう。ミニ四駆かな。

 店に入ると、思いのほかお客さんが多くて、みんなスケールモデルを見ている。二人組も多くて、「これは作りやすい」とか「これはどうかな」とかみんな悩んでいて、「俺も誰かと悩みながらプラモが作りたいなぁ」と思いながらにミリタリーミニチュアをゲット。そして新橋駅に着くと、山手線がトラブルで止まっていて再開の見込みはだいぶ後。

 クルッと踵を返してピョンっと電車とホームの隙間を飛び越えて地下鉄銀座線に乗って三越前で降りて、エレベーターを使って地上に出ると、活気はあるものの落ち着いた街並みが広がる。「何で三越前で降りたんだっけ?」と思いながら、足を進めると「なな蓮」の前にたどり着いた。そうだお昼をどうしようか悩んでいたところで山手線が止まったから、銀座線上にあるこの店に行こうと決めたんだ。

 なな蓮は腰のあるブルンブルンした麺が超主役級のお店。この日は酸味のあるさっぱり系の支那つけ麺を食べたけど相変わらずの暴れん坊っぷりで上手い。ここの麺はキレキレで、食べていると麺は兵士で、汁は車両だな……ということを急に考え出す。

 そう、この日買ったミリタリーミニチュアは1/35 アメリカ M151A2 “グレナダ侵攻作戦。3Dスキャンのキレのある兵士が「俺たちが主役だぜ!」と言わんばかりに情景を描き出す屈指の名キット。キレのある麺を受け止めるスープのように、人と乗り物の営みを無数に描き出すタミヤのミリタリーミニチュアシリーズはいつ作っても楽しいし、なな蓮のつけ麺は5年ぶりくらいに食べたが、やっぱり美味しい。

日本橋 製麺庵 なな蓮
住所 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-8-7 東信室町ビル 1F
電話番号 03-3516-6288
営業時間 11:00~15:00/18:00~21:00(麺・スープ切れ閉店)

クリスチ
クリスチ

1987年生まれ。デザインやったり広報やったり、店長やったりして、今は普通のサラリーマン。革靴や時計など、細かく手の込んだモノが好き。部屋に模型がなんとなく飾ってある生活を日々楽しんでいます。
Re:11colorsというブログもやっています。