賢者の飛行機プラモを「手」で味わいます。/モデルグラフィックスマガジンキット「1/72 一式戦闘機 隼一型」

▲缶スプレーで立ち上がる真の表情。これは味わわずにはいられない

 2019年に放映されたTVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』とのコラボレーションという要素も加わって、「モデルグラフィックス2019年3月号」のマガジンキットとして誕生したプラモ「ファインモールド製 1/72 一式戦闘機 隼一型」。1/72スケールとは思えない緻密なリベットに、キャノピーフレームの別パーツ化による塗装のしやすさなどが盛り込まれた賢者な飛行機プラモです。

 この仕様はモデルグラフィックス編集部やスケールアヴィエーション編集部といった模型誌の編集者から出されたアイディアも盛り込まれたことで実現しました。飛行機プラモが「こうだったらいいのに!」って思ってきたことがたくさん反映されていますよ。前回はパーツ全体を見てみましたが、今回は実際に組んでみようと思います。

▲パーツもバラバラじゃないから安心! このコンパクトな佇まいをご覧ください

 ハイディテールであり、組みやすさを考慮したシンプルなパーツ構成。このシンプルさも本キット最大の売りでもあります。

▲主翼は左右1体になったパーツが上下に分割されています。そして中央にはなんとコクピットの床板が!胴体にコクピットを挟んだ時に、コクピットブロックが合わない! とか、フガフガする! なんてことがないです
▲主翼の方に床板を持ってくるだけでなく、ペダルなども成型しており、椅子と操縦桿をつけるだけでコクピットが完成してしまいます
▲主翼の裏面。このように裏面がすっぽりと中に収納される構成になっています。エルロン側や翼端に合わせ目が出ませんし、翼のパーツも薄く成型されます
▲コクピットを覆うように胴体パーツをつけて〜
▲輪切りの胴体を合体! 実機と同じ分割なんですね。これにより飛行機模型で一番目立つ背骨部分の合わせ目が出ません!

▲そしてこのキャノピーフレームのパーツ。これのおかげでマスキングともおさらばです

▲勝ったぜ! って声が出ますね。組み立てのためにランナーから切り取りましたが、ランナーのまま塗装して接着するとより楽だと思います

30分くらいで大体形になってしまうのですからびっくりです!!! 各部を見ていくとパーツの薄さやラインの美しさも損なわないように考えられたパーツ分割なんだと思い知らされます。

▲翼端の薄さがいいですね〜。翼端は表面だけのパーツで構成されており、上下で貼り合わさってないのでこれだけの薄さになっています
▲この胴体の翼のつながりの美しさ! 合わせ目も出ないので最高です
▲とうことで光沢黒とシルバーのスプレーを用意。これがあるだけでめっちゃかっこよくなります
▲でで〜〜ん。もうこんな大胆に持ち手につけられるんですよ。特にキャノピーフレームをこんな風なやり方で塗装を楽しめるキットは同スケールでは他にはないです
▲光沢黒を塗って透けをなくし、いざシルバー! 銀で浮き上がるディテールが最高!!!!
▲完成!!! 乾杯!!!!

 誰でもサクサクと形にできる手軽さと、飛行機模型の中で塗装を楽しむアクセルにブレーキをかける要素をとっぱらったこのマガジンキット「/72 一式戦闘機 隼一型」。こんなに美しくて楽しい飛行機プラモとであることはそうはないと思います。ぜひこの組み味を味わって、飛行機模型を塗ったことがない人は缶スプレーで好きな色に気楽に塗ってみてください。プラモの楽しさに心を奪われると思います。それでは。

■ファインモールド製マガジンキット「1/72スケール隼一型」はこちらからゲット!!!

謝恩特別版 荒野のコトブキ飛行隊設定資料集&モデリングガイドブック/2019年にTVアニメーションが放送され、2020年には『完全版』として劇場公開された水島努監督作品『荒野のコトブキ飛行隊』。そのファンブックが
通販限定の特別先行販売としてファインモールド製「1/72隼一型」とセットになって謝恩価格で発売。10月11日より発送予定。数に限りがあるため品切れの際はご容赦ください(先着順) 4300円

↑モデル化ステン公式サイトでも購入可能

月刊モデルグラフィックス2019年3月号(キットと雑誌セット) 3850円

キット単品(簡易組立説明書つき) 3025円

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。