アメリカンカープラモを作るなら覚えておきたい「メッキパーツの精緻な塗り分け必勝法」。

 ワイスピの熱が身体に残っているうちにドムのダッヂ・チャージャーを作りたい!ボディーは缶スプレーでカチッとキレイなツヤあり黒に仕上げたから、あとはほとんど組むだけなんじゃね?と思いつつ、ジト目で眺めるのがメッキパーツだ。特徴的なフロントグリルは細長いバスタブみたいなカタチをしていて、周囲がクロームメッキ、内側は黒くなっていて、ライトの前面も同じ意匠に覆われているのが特徴だ。

▲参考画像。このフロントマスクがすっごく特徴的なんだよな。

 ぶっちゃけこの黒いところを別パーツにしておいてくれれば悩まなくて済むんだけど……と言ったところで世界は平和にならない。いっそメッキのまま……というのも迫力がなくてアカン。内側だけをキレイに黒に塗ってフチがよれよれにならない方法なんてあるかな〜と考えていたけど、いちばん楽な方法をカーモデルのアニキに聞いていたのを忘れていた。

▲フロントグリルのメッキ部分以外を黒く塗った過去作。これこれ、これをもう一度やればいいんだ!(なぜ忘れてたし……)
▲黒くしたいところをエナメル塗料(ないしアクリル塗料)のフラットブラックで塗る。ただそれだけ!

 なんだよ結局筆塗りじゃん、と思ったかもしれないけど、正直グリルの内側をマスキングしてエアブラシ用意して……とごちゃごちゃ作業するより精神的なハードルはずいぶん低い。塗り分けラインをキレイにしようなんてあまり考えずに、ムラがなくなるまでペロペロと塗っておきます。一回下地が出来てしまえば、上からシタデルカラーの「アバドンブラック」を乗せるのも話が早くてよろしいわよ。

▲メッキ部分に綿棒を引っ掛けて一定幅でさーっとスワイプ!

 で、エナメル塗料用溶剤(ないしアクリル塗料用溶剤)を含ませた綿棒でサラッとはみ出しを拭き取ります。ゴシゴシやるとメッキが剥がれちゃうこともあるので、あくまでイッパツで、綿棒の当たり具合を一定にしてビーッと拭き取れば塗り分けラインが自ずと真っ直ぐになってくれます。けっこう感動的な作業なので試してみるとよろしい!

▲ファミリー……

 おかげさまでバシッとメッキのフチドリと内側のグリルが塗り分けれられました。メッキパーツはカーモデルを作っているとエンカウント率がかなり高いのですが、これを部分的に塗り分ける時にエナメルorアクリル塗料と拭き取り法を使うとかなり気が楽になります。もちろんキャラクタープラモでも使えるテクですので、ぜひとも頭のどこかにとどめておいてほしいっすね!そんじゃまた。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。