俺たち「待機メン」!! タミヤMMのサブタイの魔法でいろんなプラモが待機場所。

▲「バイストン・ウェルって何処!?」(いや、もうオーラーロードを通過したのでは……)
▲タミヤMMのサブタイトルは想像力をかき立ててくれますね!

 1/35スケール戦車模型の王道「タミヤ 1/35ミリタリーミニチュアシリーズ」には、既存のキットに新規や他のキットからコンバートしてきたフィギュアや、アクセサリーを詰め合わせたお得なパッケージのものがあります。その様な商品にはメインの車両のほかにサブタイトルが付いており、この模型がどの様な情景を想定してパッケージされた物なのかが分かる仕様になっています。今回ご紹介する「アメリカ自走榴弾砲M8 出撃待機セット(人形3体付き)」も、シリーズNo.110のM8自走榴弾砲にフィギュアとアメリカ兵の基本的なアクセサリーパーツがセットされたものになっています。なんといってもタイトルが「出撃待機」。待てをくらったアニキたちがそこにはいます。彼らがいればどんな模型も待て状態に早変わり!

▲待てと言われれば待つしかない。男の腕組みがそう語りかけてきます
▲待機命令はよく破られるもの。ランナーには明らかに何処かに行ってしまったアニキたちの痕跡があります。軍法会議なランナーです
▲「まったり待とうや」って雰囲気が組み立てるだけでできちゃう〜

 あまり圧がないM8というぽんやりかわいい車両とセットになった待機メン。このバランスがとても最高ですね。表情やポーズもリラックスしていてまさに待機。これを見ていると戦車模型だけに待機させておくのも可哀想だから、彼らにいろんな待機場所を提供してあげたくなります。

▲今日は240ZGで待機! イケてる車の前での待機時間は最高だぜ〜
▲MSで待機! 俺たちも宇宙を駆けるぜ〜

 タミヤMMのサブタイセットの魅力は、付属のアニキたちが明確な演者になっていることだと思っています。突撃! 休止、待機などなどサブタイトルがついているものを買ってくればその情景を組むだけで楽しめます。魅力的なアニキたちが箱の中であなたを待っていると思いますので、ぜひタミヤMMシリーズのサブタイトルに注目してプラモを買ってみてください。楽しいよ〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。