人型プラモのマンネリズムを打破する爽快な組み味を「デジモン」に感じた話。

 いやあ、ひっっさびさに人型のキャラクターのプラモを組んで「これは楽しいな〜!」と声に出してしまいました。バンダイスピリッツの「Figure-rise Standard Amplified デュークモン」です。

 ぶっちゃけ原典であるデジモンはちょっと世代が違うため知識はほぼゼロ。しかしそのデザインがとにかく秀逸だったので、思わず店頭でハコを手に取ってしまった次第。シルバー/ゴールドのツートンに赤の差し色という素敵な色使いも本能にグイグイ突き刺さりますが、元デザインからまさしくアンプリファイドした現代的なデザインアレンジも前提条件なしにカッコいいと思えました。戦車模型や飛行機模型だって、ハコに書いてある絵を見て「こりゃかっこいいな!」と出会うことがままありますから、キャラクターモデルにだってこういう出会いはあるわけです。

 設定の色配置をほとんどプラスチックの組み合わせで再現できるのはバンダイスピリッツのお家芸。とはいえ、エッジの取りかたや、ほうぼうに散りばめられたディテールの韻の踏みかたも工業製品ライクなロボットデザインとはまったく違う文脈で心躍ります。魔法陣みたいな文様のシールドは手に持つのではなく腕に直結!というギミックも組んで知るわけですから、もういちいち仰天しているわけですね。

 こんな巨大な武器や盾をどうやって保持するんだ……と思いながら組んでいると、関節にカチカチとクリック感がある。よーくパーツを見てみたら、ギザギザの付いたパーツを仕込むことで重量物を構えた状態でもポーズが保持されるようになっているんですね。ガンプラではあまり見ないこういう機構が、しっかりキャラクターの特性に応じて仕込まれているのがおもしろい。

 拳のパーツ分割も秀逸で、小指と薬指は手のひら側のパーツと、人差し指と中指は甲側のパーツと一体化しています。これによって「各指の関節の高さと位置がそれぞれ異なる人間らしい握りこぶし」を自然に再現できているんですね。四角四面な指が機械的に折りたたまれたロボットプラモライクな拳を見慣れていると、こういうおもてなしに「はぁーっ!これ設計した人めっちゃ頭いい〜」とうっとりしてしまいます。

 背中に背負ったマントはなんと印刷してカットされた状態のPET樹脂が粘着シートに行儀よく配置されたものが付属。表裏の柄の違いや艶のコントロールもされていて、これを適切に折り曲げてからプラスチックのパーツでサンドイッチすると、とってもきれいで左右対称もしっかり出た曲面が生まれます。組み立てはちょっとだけ慎重さを要しますが、それにしても「体積のあるパーツを組み合わせてカタチを作る」というのとは違う、二次元的な素材と三次元的な素材のうまい融合を具現化したアイディアに脱帽!

 なんだかめちゃくちゃべた褒めになってしまいましたが、金属色のプラスチックとソリッドな赤、クリアーの赤をカチカチと嵌めあわせていくことでものすごく高品位な人型のキャラクターが生まれる過程にとても感激したのと、腰が細く末端肥大形のヒロイックな体型にダイナミックなポージングを取らせながら、なおかつしっかりと巨大な武装を保持させるというパーツ構成は一般的なロボットプラモや最近流行りのフィギュア・プラモとは一風異なる思考で充満しており、これを組むとなんだか脳が活性化したような気すらしてきます。

 ロボットプラモはパーツ構成やユニット構成をある程度統一してさまざまなバラエティを楽しむ趣味でもありますが、ゆえに組み味が似通ってしまうという性質を持ち合わせています。裏返せば「カタチは違うけど、やってることは一緒だな〜」とちょっと辟易する瞬間があるのも事実。そんな「ロボットプラモに慣れている人」にこそ組んでもらいたい、デジモン関連アイテムのお話でした。いやー、楽しかった!またね!!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。