デカールの魔法で芽生えた僕の新たな車模型の楽しみ方。

▲カーモデルの成型色とデカールの魔法で生まれる楽しさ!

 極薄のマーキングがキットにぴた〜っと密着する。塗装とは異なる質感で、ピシッとした文字やマークが僕の模型に表面に現れる。初めてデカールを貼った時、「これ、俺がやったんだ! かっこいいな」って本当に思った。簡単な数字だったけど、その数字が僕には輝いて見えた。

車の刺身にこの前デカールを貼ってみた。正直貼る前まではそんなに期待していなかった。しかしどうだろう。貼った途端に模型が魔法に包まれたかの様に見違えて見えた。細部を塗ってないなど言い出したらキリがないかもしれないが、棚の上に飾っておくと、その模型は紛れもなくカルソニックスカイライン GT-R(R34)。かっこいいのだ。

 デカールを貼っていない面と貼った面。これだけ違ってみえる。箱の中のものだけでも、カルソニックブルーに白のマーキングが入ったマシンの雰囲気を十分味わえる。カーモデルの成型色は昨今色の塗りやすいものとして「白」が増えてきているけれど、こんな風にメーカーが組んだだけでもその車のアイデンティティを体感できる成型色で発売してくれているカーモデルもたくさんある。そんなカーモデルの刺身には、デカールが味を引き立ててくれる。僕の中で車模型のもう一つの楽しみ方が芽生えた瞬間だった。

▲デカール貼りの最高のパートナーをからぱたが教えてくれます。これでデカールも怖くないです
▲車模型のデカールに対してここまで本気で向かい合った特集はないと言うほどの内容です! 必読
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。