日本戦車のかっこよさ全部盛りの「アーマーモデリング」最新号で今日から俺たちがサムライだ!!!

▲山下しゅんや氏によるかわいらしい知波単学園の皆様の表紙をめくると〜
▲殿! くろがねの塊でござるよ

 大鎧の大袖とはそう使うのか……めっちゃすごいじゃんと上田信先生のイラストともに感嘆!! そして後ろには日本戦車!! 日本戦車と甲冑の共通点…もう扉から情報量が多すぎで候。

 そう、今月号は俺たちが戦車のサムライになれる号!!! 自国の戦車を思う存分かっこよく楽しめる内容が盛りだくさんなアーマーモデリングなんです。さぁみんなで、いざ日本戦車模型の世界へ!!!

▲モデラー・平井 真氏によるHow to。サビや汚れは参考になるばかり!

 写実的汚しのイロハと題して日本戦車の汚しポイントがバシバシ紹介されます。サムライの傷や汚れはまさに勲章! 平井 真氏による詳細な途中写真と解説を読んでいると、それがしは戦車を作りたくてしょうがなくなるでござるよ! 超かっこいい。

▲ドイツからのサムライ!!
▲ドイツ在住のトルコ人モデラー、エスギュール・ギュンナー氏の作品を多数掲載! 世界にも日本戦車仲間がいる!! 夜明けぜよ!!!

 日本戦車を愛してくれている海外のサムライ、まさにラストサムライのトム・クルーズのようなアニキ「エスギュール・ギュンナー」氏が作る超かっこいい日本戦車作例に、それがしは目を丸くしたのでござる。開国。ビビッドな色彩で彩られた我が国の戦車は一味違った魅力を放っておるな〜。

▲黄帯はサムライの魂! 日本戦車のアイコンとも言えるこの迷彩を、マスキングシート付きのキットを使用しながら解説
▲侘び寂びを感じるサムライならではの楽しみ方ですな。殿

 慎ましく、かつ限られた枠の中に収められた豊かな表現力。ミニスケールの戦車模型を使った素晴らしい楽しみ方を見せてくれる作例も今号の見どころ! 1/35スケールや1/48スケールだけが戦車模型じゃない! ミニスケールだからこその遊び方を提唱しています。本当に最高の作例です。

▲2人の殿!!!

 絶賛公開中の『ガルパン 最終章』第3話。日本戦車で大暴れする知波単学園の戦車達も表紙の通り大フィーチャー。サムライの号で西住殿と西殿のダブル殿を堪能できるとは眼福の極み。模型でジャングルを作る超最高の講座はnippperでもいつも面白いプラモを紹介してくれる内藤あんもアニキと、戦車モデラーの中のキングオブアニキ・吉岡和哉アニキというキン肉マンのザ・マシンガンズもびっくりのタッグで展開! 瞬き厳禁のマッスルドッキング連発How toがあなたを襲います。気絶注意。

▲こちらもミニスケールならではの楽しみ方を提案!!ミニパン!!!

 山城雅也氏によるミニスケールだからこそ楽しめる3輌もの車輌を使ったディオラマも必見。情景モデルを楽しんでみたくなる要素が満載。特にこの記事のテーマである水表現はKATOの水専用マテリアルを丁寧に紹介した記事となっています。

▲オーディションだって……あなたもアーマーモデリングで活躍できる!?

 そして本号では戦車模型好きなら参加してみたくなる「AMオーディション」の開催告知が! オーディションというタイトル通り、ここで編集部の目に止まったあなたはまさにシンデレラ! アーマーモデリング誌面で活躍できちゃうかもしれないんです! あなたが思いっきり楽しんで作った戦車模型で参加してみてください!

 日本戦車もガルパンもとことん楽しめる今月のアーマーモデリングを読んで、日本戦車のサムライになろうぜ!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。