とりあえず2000円持ってプラモ屋さんに走れば飛行機模型は選び放題&作り放題なのだ。

 2000円札、最近見ませんね。2000円でできることというのを想像すると案外多くなくて、駄菓子屋さんに行けば大富豪だけど百貨店では買えるものがあるかどうか。しかし模型屋さんに行ってみると2000円で買えるプラモがいっぱいあってびっくりします。飛行機模型専門誌『スケールアヴィエーション』最新号では2000円で手に入るプラモデルにテーマを絞り、どんなメーカーのどんなキットが手に入るのか、それを組み立てるとどんな景色が見えるのかをいろいろなアプローチで見せています。

 トップブランドのめちゃくちゃ速い車はそれなりにすごい金額を払わないと買えませんが、プラモはトップブランドの超傑作だからと言ってめちゃくちゃな値段になったりしないのがすごいところ。真面目に考えるとこの事実はどこか妙な感じもするのですが、2000円で買えるもんはとりあえず買ってみて、貼ってみましょう。少なくとも2000円ぶんのドラマが味わえるし、ともすればたくさんの時間をかけたり、色を塗ってみたり、改造したり、いっぱいならべたりという遊びができてしまいます。奥深いしやることたくさんあるし道具を揃えれば無限にお金と時間を使うこともできるけど、とりあえず買ってみて、そのカタチを楽しむ!という意味においては、プラモって趣味の中でもかなりコスパが高いんだよね。

 どのメーカーのどんなプラモが買えるのか、それはどんな仕上がりになるのかというのは本誌を読んでもらうとして、とにかくパラパラとページをめくっていると「うわー、プラモ作りてえ!」となること請け合い。専門誌ではありますが、プラモを作ったことのない人にこそ読んでもらいたい内容になっています。これはマジ。

 そして今号からの注目ポイントは「MODELERS ABROAD」と題した海外モデラーの超絶作例を大判の写真で眺められる連載が始まったこと。「2000円でこんなに!」という居酒屋を出た後の満腹な脳みその前にいきなり濃厚な高級とんこつラーメンがドカーンと来るこの感じ、すごいです。プラモの幅広さ、プラモの奥行きを伝えると同時に、誰でもエントリーできる最高の特集となっておりますのでぜひとも読んでください。そんじゃまた!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。